バーデン条約 (1714年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
バーデン条約
紙と羽ペンのあるテーブルの周りに座る、ホイッグをつけた8人の男が描かれた絵画
1714年9月7日のバーデン平和会議における使節団。一番左はヴィラール元帥、一番右はプリンツ・オイゲンヨハン・ルドルフ・フーバー英語版、油画、1714年作。
脈絡 スペイン継承戦争の終結
署名 1714年9月7日 (1714-09-07)
署名場所 原初同盟の旗 スイス原初同盟英語版バーデン
交渉参加者
締約国
  • フランス王国の旗 フランス王国
  • 神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国
  • 言語 フランス語

    バーデン条約(バーデンじょうやく、英語: Treaty of Baden)は1714年9月7日スイス原初同盟英語版バーデンで締結された条約。条約により、スペイン継承戦争で敵対したフランス神聖ローマ帝国が講和した。この条約はユトレヒト条約ラシュタット条約を補完するものである。

    ラシュタット条約により神聖ローマ皇帝カール6世はユトレヒト条約を受諾したが、あくまでもハプスブルク帝国の代表としてのものであった。そのため、戦争の集結にはフランスと神聖ローマ帝国の間で講和を成立させる必要があった。バーデン条約の締結によりフランスと神聖ローマ帝国が正式に講和し、スペイン継承戦争が完全に終結した[2]。バーデン条約の詳細、および平和会議の内容はバーデンのバナレット騎士英語版カスパール・ヨーゼフ・ドレール(Caspar Joseph Dorer、1673年 - 1754年)のディアリウム(Diarium、「日記」)で記述されている[3]

    また、この条約はスイスの領土で締結された初の国際条約である[4]。また2年前のトッゲンブルク戦争英語版ではスイスのカトリック・カントンが敗北し、アーラウの和約でスイスにおけるカトリック覇権が終結したが、バーデン条約の秘密条項ではフランスと神聖ローマ帝国の間でカトリックの同盟に合意し、カトリック側に肩入れして介入することに同意した[4]

    内容[編集]

    脚注[編集]

    1. ^ a b c d e f Friedensschlüsse von Rastatt und Baden im Aargau, 1714 März 6/September 7.” [Peace treaties of Rastatt and Baden, 6 March and 7 September 1714] (ドイツ語). Kult.Doku. University of Klagenfurt. 2017年7月28日閲覧。
    2. ^  この記事にはアメリカ合衆国内で著作権が消滅した次の百科事典本文を含む: Chisholm, Hugh, ed. (1911). "Baden (Switzerland)" . Encyclopædia Britannica (英語) (11th ed.). Cambridge University Press.
    3. ^ Das Diarium des Badener Friedens 1714 von Caspar Joseph Dorer. Mit Einleitung und Kommentar herausgegeben von Barbara Schmid. Baden, Hier und Jetzt, 2014 (= Beiträge zur Aargauer Geschichte 18). ISBN 978-3-03-919327-1.
    4. ^ a b Rolf Stücheli: バーデン条約 (1714年) in German, French and Italian in the online Historical Dictionary of Switzerland, 20 December 2001.
    5. ^ PD-icon.svg Chisholm, Hugh, ed. (1911). "Treaty of Utrecht". Encyclopædia Britannica (英語) (11th ed.). Cambridge University Press.