バーソルフ級カッター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
バーソルフ級カッター
USCG National Security Cutter BERTHOLF (WMSL-750).jpeg
「バーソルフ」 (WMSL-750)
船級概観
船種 カッター
就役 2008年 - 現在
前級 ハミルトン級
次級 最新
性能諸元
排水量 基準3,206トン / 満載4,112トン
全長 127.4 m
全幅 16.5 m
深さ 6.42 m
機関 CODAG方式
MTU 1163ディーゼルエンジン(9,655 hp 2基
GE LM2500 ガスタービンエンジン(30,565 bhp) 1基
スクリュープロペラ 2軸
航続距離 12,000 nmi
速力 28 kt
乗員 126名 (士官19名/下士官13名/水兵94名)
兵装 70口径57mm単装速射砲 1基
Mk.15 20mmCIWS 1基
艦載機 HH-65 ドルフィン 2機
レーダー TRS-3D 3次元対空
AN/SPQ-9B 低空警戒/対水上
AN/SPS-73 対水上
電子戦
対抗手段
AN/SLQ-32(V)2電波探知装置
Mk.53 NULKA デコイ発射機 2基
Mk.137 6連装デコイ発射機 2基

バーソルフ級カッター(バーソルフきゅうカッター)は、アメリカ沿岸警備隊の保有する大型海洋保安カッター: Maritime Security Cutter, Large, WMSL)の船級。いずれも著名な沿岸警備隊員に由来して命名されていることから、アメリカ海軍協会(USNI)やジェーン海軍年鑑ではレジェンド型カッター英語: Legend class cutter)とも称される。計画名はNSC(National Security Cutter)[1][2]

ハミルトン級の更新用として、2008年より順次就役しつつあり、最終的には9隻の建造が計画されている。

来歴[編集]

本級は、アメリカ沿岸警備隊が21世紀初頭より整備を開始した統合ディープウォーター・システム計画の一環であり、その外洋における中核となることが構想されている。

当初は、アメリカ海軍沿海域戦闘艦と同一の設計に基づいての建造が計画されていたが、沿海域戦闘艦計画の遅延などもあり、最終的には沿岸警備隊独自の設計によって進められることとなった。建造は、ノースロップ・グラマンが一括して行なっている。

設計[編集]

遠縁の姉妹に当たる海軍の沿海域戦闘艦が非常に先進的な設計を模索していたのに対し、本級は従来通りのモノハル船型を採用しているが、設計にあたってはやはりステルス艦化が志向された。船質は鋼とされた。なお初期建造艦2隻では深刻な構造疲労が認められたことから、3番艦では設計変更が行われた[1]。ただしそれでも、就役直後の2012年初頭に行われた検査では深刻な腐食や亀裂、孔食が発見され、ドック入りを余儀なくされた[2]

本級はクルーローテーション制度を導入し、年間230日、最大で連続185日という長期間の配備を予定している[1]。このことから居住性にも意が払われており、居住区は4人船室を採用、またラウンジ3室およびフィットネスルーム1室が設けられている。寝台は148名分が確保されているほか、造船所による試験では、最大250名分まで拡張可能とされた[2]

主機はCODAG方式を採用しており、巡航機としてはV型20気筒MTU 20V1163ディーゼルエンジン(単機出力9,655馬力; デトロイトディーゼルによるライセンス生産機)、加速機としてはゼネラル・エレクトリック LM2500ガスタービンエンジン(30,565馬力)を使用する[2]。また精密な操艦が要求される状況に備えてバウスラスターを備えている[1]

電源としては、キャタピラー3512ディーゼル発電機3基を搭載する[3]

装備[編集]

C4ISR[編集]

本級は、沿岸警備隊が構築を進めているC4ISRシステムであるCGC2(Coast Guard Command and Control)に対応した能力を備えている[3]。本級のシステムは、イージスシステムのベースライン9と共通のソフトウェア資産を用いている[4]。またリンク 11に対応しており、海軍の艦艇とも情報共有が可能である[5]

レーダーとしては、3次元式のTRS-3D/16ESと低空警戒・砲射撃指揮用のAN/SPQ-9B、対水上捜索・航海用のAN/SPS-73が搭載される[1][2]

武器システム[編集]

1番艦バーソルフ。艦首のMK110 57mm砲の発射時の様子。

艦砲としては、海軍の沿海域戦闘艦と同様に70口径57mm単装速射砲(Mk.110; ボフォースMk.3)を搭載する。本級ではMk.160射撃盤が搭載されており[3]、Mk.46光学方位盤のほか、AN/SPQ-9Bも射撃指揮に用いられる。また近接防空用としてファランクス 20mmCIWSを備えているが、これは対水上射撃にも対応したブロック1Bとされている[2]

電子戦支援用として、AN/SLQ-32(V)2電波探知装置を搭載する。また電子攻撃用としては、従来と同様のMk.137 6連装 デコイ発射機に加えて、新型のNULKAアクティブデコイのためのMk.53連装発射機も搭載された[2]

搭載機・搭載艇[編集]

後方より。航空機格納庫と搭載艇揚収用の傾斜路が見える。

本級は、艦尾に複合艇の揚降を行うためのスリップ・ウェイを有しており、11メートル型複合艇まで対応できる。通常はCB-OTH 2隻とSRP 1隻が搭載・収容されている[2]

船尾甲板には15m×24mのヘリコプター甲板が設置されている。艦載の救難ヘリコプターとして、HH-65 ドルフィンを2機搭載することができる。また場合によっては、HH-65を1機に減らして、かわりに無人航空機(UAV)2機を搭載することもある[2]

同型艦[編集]

# 艦名 起工 進水 就役 母港
WMSL-750 バーソルフ
USCGC Bertholf
2005年
3月29日
2006年
9月29日
2008年
8月4日
カリフォルニア州
アラメダ
WMSL-751 ウェイシー
USCGC Waesche
2006年
9月11日
2008年
7月12日
2010年
5月7日
WMSL-752 ストラットン
USCGC Stratton
2009年
7月20日
2010年
7月23日
2012年
3月31日
WMSL-753 ハミルトン
USCGC Hamilton
2012年
9月5日
2013年
8月10日
2014年
12月6日
サウスカロライナ州
チャールストン
WMSL-754 ジェームズ
USCGC James
2013年
5月17日
2014年
5月3日
2015年
8月8日
WMSL-755 マンロー
USCGC Munro
2014年
11月5日
2015年
9月12日
2017年
4月1日
カリフォルニア州
アラメダ
WMSL-756 キンボール
USCGC Kimball
2016年
3月4日
2016年
12月17日
WMSL-757 ミジェット
USCGC Midgett
2017年
1月27日
WMSL-758 ストーン
USCGC Stone
計画中

参考文献[編集]

  1. ^ a b c d e Stephen Saunders, ed (2009). Jane's Fighting Ships 2009-2010. Janes Information Group. p. 963. ISBN 978-0710628886. 
  2. ^ a b c d e f g h i Eric Wertheim (2013). The Naval Institute Guide to Combat Fleets of the World, 16th Edition. Naval Institute Press. pp. 910-911. ISBN 978-1591149545. 
  3. ^ a b c アメリカ沿岸警備隊 (2016年). “NATIONAL SECURITY CUTTER (PDF)” (英語). 2017年8月28日閲覧。
  4. ^ Chuck Hill (2016年10月6日). “AUGMENT NAVAL FORCE STRUCTURE BY UPGUNNING THE COAST GUARD” (英語). 2017年8月28日閲覧。
  5. ^ アメリカ国土安全保障省 (2014年10月28日). “U.S. Coast Guard Command, Control, Communication, Computers, Intelligence, Surveillance, and Reconnaissance Modernization (PDF)” (英語). 2017年8月28日閲覧。

外部リンク[編集]

関連項目[編集]