バー&ストラウド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

バー&ストラウドBarr & Stroud Ltd )は1913年設立されたイギリスの光学機器メーカーである。現在はタレス・グループに属する。

ヨークシャーカレッジ(現リーズ大学)の教授であったアーチバルド・バーArchibald Barr[1]ウィリアム・ストラウドWilliam Stroud[1]は1888年頃知り合い、1891年にはイギリス海軍から要請を受けて測距儀の試作をし、1892年6基の「NRF No1」型測距儀について納入契約をした。

1913年会社設立後は測距儀と双眼鏡を各国海軍に納入した。特に測距儀は一時独占に近いシェアを持ち、大日本帝国海軍にも1893年基線長4½ft、すなわち1.5mのF.A.2型[1]を日本名「武式1米半測距儀」として巡洋艦吉野[1]に搭載する形で納入された[注釈 1]のを始めとし、戦艦三笠、巡洋艦青葉、基線長2.5m日本名「武式2米半測距儀」が戦艦鹿島に、基線長8mの製品が戦艦扶桑と改装前の戦艦陸奥などに搭載されている。

注釈[編集]

  1. ^ 『カメラと戦争 光学技術者たちの挑戦』p.011によれば製造番号はNo.4であったという。

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 『カメラと戦争 光学技術者たちの挑戦』pp.009-014「日本海海戦とカメラのピント合わせ」。

参考文献[編集]