バレンツブルク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
バレンツブルクの紋章

バレンツブルク(ロシア語: Баренцбург)は、ノルウェースヴァールバル諸島で唯一の有人島スピッツベルゲン島にある2番目に大きなである。人口は約450人で、ほとんどがロシア人である。ロシアソビエト連邦時代の1935年にスヴァールバル条約に参加して、石炭採掘を開始。最盛期には3つの町を建設し、バレンツブルクの人口も2500人を超えていたが、ソ連崩壊後に町の規模は縮小した。

現在はロシア国営の石炭会社アルクチクウーゴリが町の中心で、年9万トンの石炭をエストニアへ輸出している。病院ホテルプールなども運営している。ロシア連邦政府も北極圏開発の拠点として重視しており、領事館を設置している。石炭採掘では利益が出ないため、ロシア本土からの観光客誘致を新たな産業に育てつつある。

同じ島の西部にある島最大の町ロングイェールビーンから西へ約55 km離れているが、二つの町をつなぐ道は存在していない。食料・日用品などは船や輸送機でロシアから運ばれる。

バレンツブルク全景


出典[編集]

  • ノルウェー領「最北のロシア」 北極開発へ布石 スピッツベルゲン島『読売新聞』朝刊2017年3月23日

関連項目[編集]