バルベヤ科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バルベヤ科
分類
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
: バラ目 Rosales
: バルベヤ科 Barbeyaceae
Rendle (1916)
: バルベヤ属 Barbeya
: B. oleoides
学名
Barbeya oleoides
Schweinf.

バルベヤ科 (Barbeyaceae) は双子葉植物で、アラビア半島南部とアフリカ東部の紅海沿岸部のみに分布する高木 Barbeya oleoides ただ1からなる。属名は採集者であるWilliam Barbeyに由来する[1]。発見当初はイラクサ科とされたが、その後ニレ科に移され、最終的に独立の単型科とされた[2]APG植物分類体系では、他の旧イラクサ目の植物とともに、バラ目の中に置かれている。

サウジアラビアの自生地では、乾燥させた根を小麦粉と混合し、家畜の消化促進剤として用いていた[3]

脚注[編集]

  1. ^ The Harvard University Herbaria
  2. ^ Thulin, Mats and Bremer, Birgitta and Richardson, James and Niklasson, Jonas and Fay, Michael F and Chase, Mark W, (1998). “Family relationships of the enigmatic rosid genera Barbeya and Dirachma from the Horn of Africa region,”. Plant Systematics and Evolution 213 (1-2): 103-119. 
  3. ^ Sher, H and Alyemeni, MN (2013). “Pharmaceutically important plants used in traditional system of Arab medicine for the treatment of livestock ailments in the kingdom of Saudi Arabia”. African Journal of Biotechnology 10 (45): 9153-9159. http://www.ajol.info/index.php/ajb/article/viewFile/95643/84982. 

外部リンク[編集]