バルパライソ条約

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

バルバライソ条約とは、1884年4月4日ボリビアチリの間で結ばれた条約1879年に勃発した太平洋戦争を終結させる条約である。

概要[編集]

この条約によりボリビアとチリの休戦が決まり、ボリビア領土であったアントファガスタ港がチリの領土となった。 以降現在に至るまで、ボリビアは海を持たない内陸国となり、輸出をチリやペルーに頼らなければいけなくなってしまった。

ボリビア人の中には現在もこの条約を不当と考え、海を奪ったチリに敵意を持つものが少なくない。 毎年3月23日海の日 (El dia del mar)として「海を取り戻そう」キャンペーンをテレビなどを使って行なっている。南米でさかんなサッカーの試合などでもしばしば「海を返せ」といった政治的な横断幕がみられる。

なお、太平洋戦争のもう1つの当事国であるペルーは、この前年の1883年アンコン条約によりチリへの実質的敗北が決まっている。

関連項目[編集]