バルト連邦大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
バルト連邦大学
Baltic Federal University (BFU)
Балтийский федеральный университет (БФУ)
101-0160 IMG.JPG
バルト連邦大学の本部建物
種別 国立連邦大学
設立年 1544年東プロイセンアルベルトゥス大学ケーニヒスベルク
1947年ソ連邦カリーニングラード大学)
学生総数 16,000人
博士課程在籍者
610人
所在地 ロシアの旗 ロシア
北西連邦管区カリーニングラード(236041, Россия, г. Калининград, ул. Александра Невского, д. 14)
公式サイト https://kantiana.ru
テンプレートを表示
バルト連邦大学歴史・経済学部建物
バルト連邦大学付近のイマヌエル・カントの像

バルト連邦大学(バルトれんぽうだいかく、ロシア語: Балтийский федеральный университет имени Иммануила Канта、略称:ロシア語: БФУベーエフウー;Immanuel Kant Baltic Federal University)は、バルト海に面して、第二次世界大戦後はロシアに所属するカリーニングラードにある連邦大学である。

概要[編集]

バルト連邦大学は、もともとカリーニングラードが東プロイセンケーニヒスベルクと呼ばれた所にあったアルベルトゥス大学ケーニヒスベルクで、プロイセン公アルブレヒトによって1544年に第2校目のプロテスタントアカデミー(マールブルク大学のあと)として創立されて、通称、ケーニヒスベルク大学と呼ばれた。

第二次世界大戦後、カリーニングラードはロシアに所属することになり、1967–2005年にはカリーニングラード国立大学と呼ばれた。

2005年のケ-ニヒスベルグの設立750年の際に、ウラジーミル・プーチン大統領とゲアハルト・シュレーダー首相がイマヌエル・カントの名を取って、イマヌエル・カント記念ロシア国立大学とする発表を行った。同年、自然科学および人文科学の12学部があり、学部・大学院の教授陣は580名、生徒数は12,800人で、ドイツ伝統の教育方式も尊重されている。

2010-2011に連邦大学となり、イマヌエル・カント記念バルト連邦大学と呼ばれるようになった[1]。ロシアの大学の研究レベルを世界並みに上げる目的の5-100プロジェクトには、連邦大学で、ウラル連邦大学シベリア連邦大学と共にも指定されている。

参照項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯54度43分29秒 東経20度31分41秒 / 北緯54.72472度 東経20.52806度 / 54.72472; 20.52806