バルトロメ・エステバン・ムリーリョ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
バルトロメ・エステバン・ムリーリョ
Bartolomé Esteban Murillo
Autorretrato de Murillo.jpg
1670年から1673年頃の自画像
生誕 (1617-12-31) 1617年12月31日
スペイン帝国セビリア
死没 1682年4月3日(1682-04-03)(64歳)
スペイン帝国セビリア
著名な実績 絵画
無原罪の御宿り 1678頃 プラド美術館

バルトロメ・エステバン・ペレス・ムリーリョBartolomé Esteban Perez Murillo1617年12月31日 - 1682年4月3日)は、バロック期のスペイン画家。甘美な聖母像や、愛らしい子どもの絵で知られるムリーリョは、スペイン絵画の黄金期である17世紀を代表する画家である。

経歴[編集]

1618年、スペイン南部のセビリアに民間医師の子として生まれる[1]。14人兄弟の末子で、幼い頃に両親を亡くし、姉夫婦のもとで育てられたというが、その名声に比して伝記の細かい部分には不明点が多い。1645年には最初の大規模な注文である、セビーリャのフランシスコ会修道院の装飾事業を手掛けた[1]1659年までフアン・デル・カスティーリョ英語版の元で修業を積んだ[2]。一時期マドリードに移住したという説とこれを否定する説とがあり、マドリードに移住したとされる時期についても諸説があるが、いずれにしても生涯の大部分をセビーリャ周辺で過ごしている。1682年にカディス(セビーリャ南方の海辺の町)の修道院で制作中、足場から転落したことが原因で死去したという。

画風[編集]

初期はテネブリスモを中心とした様式だった[1]。1650年代以降、フランシスコ・エレーラ英語版(子)の影響により、作品に色彩豊かな表現がみられるようになった[1]。 スティロ・バポローソ(薄もやの様式)と称される、画面全体が薄もやに覆われたような夢幻的な作風は、1670年頃からの晩年の作品に顕著である。聖母マリアの純潔性をあらわした『無原罪の御宿り』を題材とした絵を何枚か残しているが、特にセビーリャ美術館に所蔵されている作品の、夢見る乙女のようなマリア像と彼女を取り巻く可憐な小天使たちのイメージは、次の世紀のロココ美術を先取りしている感がある。疫病で亡くしてしまった自分の子供達を愛しむかのように、子供を描いた絵も多数残している。ぼろをまとった貧しい少年たちをありのままに描いた風俗画にも傑作がある。 (彼は子供を次々と5人もペスト等で亡くし、6人目の娘も耳が聴こえなかった為その娘を思い最高傑作の無原罪のお宿りを描いた)

代表作[編集]

聖母子 1655-60頃 ピッティ美術館(フィレンツェ)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d プラド美術館 et al. 2002, p. 231
  2. ^ Britannica Japan Co.,Ltd.; Encyclopædia Britannica, Inc. 『ムリリョ』 (小項目電子辞書版)、2007年 

参考文献[編集]