バルテュス ティアの輝き

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
OVA:バルテュス ティアの輝き
監督 牧野行洋
キャラクターデザイン ふるたしょうじ
アニメーション制作 草間アート
製作 フレンズ[1]
発売日 1988年5月25日[1]
話数 1
テンプレート - ノート

バルテュス ティアの輝き』(バルテュス ティアのかがやき)は、1988年5月25日に発売されたアダルトアニメ作品。企画・製作はフレンズ、収録時間は約30分。VHSLDで発売された。

1997年9月19日には、『リヨン伝説フレア』のDVD版『リヨン伝説フレアPLUS』へのカップリングという形でDVD化された[2]

2015年8月28日には、EDGEによる単品DVDが発売された[3]

概要[編集]

1980年代にアダルトビデオメーカーとして知られた宇宙企画が『リヨン伝説フレア』に続いて製作した、アダルトアニメ第2作である。

スタジオジブリ作品の『天空の城ラピュタ』や『未来少年コナン』に似通った絵柄や設定でも知られる。実際、スタジオジブリのスタッフが数人参加したとも噂されており、井坂十蔵の著書には「(ジブリが)参加したスタッフを『切った』とも伝えられる」との記述がある[1]

あらすじ[編集]

自由を求める少年ユードと少女ティアが主人公[1]。巨大工場都市バルテュスに起こった反乱事件。それに巻き込まれたティアは、支配者モーロックに囚われて凌辱されてしまう。

登場人物 - 声の出演[編集]

スタッフ[編集]

  • 監督・メカデザイン協力 - 牧野行洋
  • 作画監督・キャラクターデザイン - ふるたしょうじ
  • プロデューサー - 丸山新
  • アニメーション製作 - 草間アート

主題歌[編集]

エンディングテーマ「MEMORIES」
歌 - 小野由美

参考文献[編集]

  1. ^ a b c d 井坂十蔵 『宮崎駿のススメ。』 21世紀BOX、2001年、132頁。ISBN 4-88469-235-7
  2. ^ リヨン伝説フレア PLUS
  3. ^ バルテュス ティアの輝き | K.M.ProduceK.M.Produce

関連項目[編集]