バルケスィル県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Flag of Turkey.svgBalıkesir ili
バルケスィル県
Location ofバルケスィル県の位置
バルケスィル県の位置
概要
地方: マルマラ地方
県都: バルケスィル
県番号: 10
面積: 12,496 (km2)
人口: 1,118,313 2007
人口密度: 89.49 人/km2
自治体数: 19
Location ofバルケスィル県の位置

バルケスィル県の自治体
市外局番: 0266
公式サイト:

バルケスィル県(トルコ語:Balıkesir il)はトルコ中西部、マルマラ地方。北から時計回りにマルマラ海ブルサキュタヒヤマニサイズミルエーゲ海チャナッカレと接している。バルクエシル県とも。

エーゲ海マルマラ海のどちらの海岸線も持っている。県都はバルケスィル。県の多くの地域はマルマラ地方であるが、南方のビガディック、エデレミット、ケプサット、イヴリンディ、サヴァシュテペ、スンドゥルグの南部、アヤヴァルク、ブルハニイェ、ドゥルサンベイ、ギョメック、ハヴランはエーゲ地方に属している。

イダ山として知られるカズ・ダーはこの県にある。

バルケスィルはオリーブで有名であり、温泉、きれいな海岸なども多くの人をひきつけている。カオリナイトの露天掘りを行っており、莫大な収益を上げている。カズ・ダー近郊での青酸塩を使った金採掘の拡大は住民の使う川に影響がないとは言えず、農業や観光が脅かされている。

名跡・名所[編集]

北部海岸のクシュ・ジェンネッティ国立公園は日本語に直訳すると鳥の天国という意味である。このほかにも南西海岸のアヤヴァルクの砂浜、シェイタンソフラス、マルマラ諸島アリベイ諸島、エルデク・ギョネンの青空美術館、パムッチュクベンジー、バルヤ・ダウ、ヒサール、ヒサールキョイ(アサルキョイ)、カラーアク(ウユズ)、ケペクラール温泉、ダルティカ村の泉、ゼイティンリ・アダ温泉など自然の観光資源は多い。

伝統的な観光資源ではキジクスとサライラーの廃墟がマルマラ海岸にあり、Deasklaion、アンタンドルス、バルケスィルのユルドゥルム・モスク、ザーアノス・パシャ・モスク、クロックチャーチ・モスク、アリベイ・モスク、その他多数のオスマン帝国独自の建築がアヤヴァルクにある。

バスケスィルでは多くの芸術作品が博物館に飾られている。

キャンプに向いた土地もエルデク、アルトゥノルク、アッキャイ、ギュレ、オーレンなどに見られる。

下位自治体[編集]

  • Ayvalik
  • バルケスィル (Balıkesir)
  • Balya
  • Bandırma
  • Bigadiç
  • Burhaniye
  • Dursunbey
  • Edremit
  • Erdek
  • Gömeç
  • Gönen
  • Havran
  • İvrindi
  • Kepsut
  • Manyas
  • Marmara
  • Savaştepe
  • Sındırgı
  • Susurluk