バルキヤールク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
バルキヤールク
بركيارق
セルジューク朝スルタン
BarkiyaruqPainting.jpg
在位 1092年11月 - 1104年12月

出生 1081年
死去 1104年12月22日
子女 マリク・シャー2世
王家 セルジューク家
王朝 セルジューク朝
父親 マリク・シャー
母親 ズバイダ
宗教 イスラム教スンナ派
テンプレートを表示

バルキヤールクアラビア語:بركيارق Barkiyāruq、أبو المظفر ركن الدين بركيارق بن جلال الدولة ملكشاه Abū al-Muẓaffar Rukn al-Dīn Barkiyāruq bin Jalāl al-Dawla Malik-Shāh、1081年[注釈 1] - 1104年12月22日)は、セルジューク朝の第5代スルタン(在位:1092年11月 - 1104年12月)[注釈 2][1]アッバース朝カリフから授けられた尊号は、سلطان الأعظم ركن الدولة و الدين بركيارق يمين امير المؤمنين Sulṭān al-A`ẓam Rukn al-Dawla wa al-Dīn Abu al-Muẓaffar Barkiyāruq Yamīn Amīr al-Mu'minīn。

生涯[編集]

父は第3代スルタンのマリク・シャーで長男。生母はマリク・シャーの従姉妹[2]ズバイダ。1092年11月に父が死去したとき彼はマリクの息子の中で最年長であった[2]が、異母弟で4歳のマフムード1世の生母であるテルケン・ハトゥンの画策によってマフムード1世が即位した[1]。だがバルキヤールクは宰相だった故ニザームルムルクの支持者らを味方につけて対抗し[1]、セルジューク朝で内紛が始まった。だが1094年11月にマフムードが早世した[1]ため、単独のスルタンとなった。

だが今度は叔父のトゥトゥシュ(マリク・シャーの弟でシリア・セルジューク朝の祖)と[1]イランの覇権をめぐって争い、1095年にこれを敗死せしめた[1]。それから5年後の1100年、今度は異母弟のムハンマド・タパルとの間でスルタン位をめぐって対立[1]。5回も合戦を繰り返して最終的に1104年1月に和約を結んでイランの中央部をバルキヤールクが、アゼルバイジャンイラク北部、アルメニアなどをムハンマドが得ることになり[1]、スルタンの権力は全く弱体化した[要出典][注釈 3]

それから11ヵ月後、連年の内紛のためか25歳で病死[1]。息子のマリク・シャー2世もすぐに没してスルタン位はムハンマドが継ぐことになる[1]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 1080年説もある。
  2. ^ 即位・在位に関しては異母弟のマフムード1世と並立していたとされる(井谷 2002, p. 106)
  3. ^ 内紛に明け暮れたため、同時期に開始された十字軍に対抗することができなかった(井谷 2002, p. 109)

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j 井谷 2002, p. 106
  2. ^ a b 井谷 2002, p. 105

文献[編集]

  • 井谷, 鋼造 (2002), “トルコ民族の活動と西アジアのモンゴル支配時代”, in 永田, 雄三, 西アジア史2 イラン・トルコ, 新版世界各国史, 9, 山川出版社, ISBN 4634413906 


先代:
マフムード1世
大セルジューク朝君主
1092年 - 1104年
次代:
マリク・シャー2世