バリー・ワーズワース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

バリー・ワーズワースBarry Wordsworth, 1948年2月20日 - )はイギリス指揮者。主にバレエ音楽の分野で指揮者として活躍する。

略歴[編集]

イングランド南東部のサリー州ウスターパーク(現在はサットン・ロンドン特別区の一部)に生まれる。1973年にロイヤル・バレエ団のツアー同行オーケストラで副指揮者を務め、翌年サドラーズ・ウェルズ・ロイヤル・バレエ団(現バーミンガム・ロイヤル・バレエ団)の首席指揮者を経験。1989年ブライトン・フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者となり、同年にBBCコンサート・オーケストラの首席指揮者、2006年より桂冠指揮者を歴任。1990年から1995年までロイヤル・バレエ団の音楽監督をつとめ、2007年に再び就任。また2005年から2008年にはバーミンガム・ロイヤル・バレエ団の音楽監督となった。その他、イギリス各地のオーケストラに客演している[1]

1993年にはBBCプロムス最終夜(The Last Night of the Proms)で指揮。パリ・オペラ座バレエ団の「マノン」を指揮、2002年には東京新国立劇場バレエにも客演している。ロンドン交響楽団を指揮し、ブリン・ターフェルと協演したアルバム「シンプル・ギフト」が2007年の第49回グラミー賞を獲得した。

また彼はブライトン大学バーミンガム市立大学の名誉博士号を持ち、2006年にはトリニティ音楽院の名誉研究員(Honorary Fellow)に任じられている。

脚注[編集]

  1. ^ Barry Wordsworth, Artist Biography by Joseph Stevenson”. allmusic. 2013年10月29日閲覧。


先代:
ジョン・カリュー
ブライトン・フィルハーモニー管弦楽団
首席指揮者
1989 -
次代:
-
先代:
アシュリー・ローレンス
BBCコンサート・オーケストラ
首席指揮者
1989 - 2006
次代:
キース・ロックハート