バリー・ハリス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
バリー・ハリス
Barry Harris
Barry Harris.jpg
バリー・ハリス(2007年)
基本情報
出生名 Barry Doyle Harris
生誕 (1929-12-15) 1929年12月15日(91歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ミシガン州デトロイト
ジャンル ジャズ
職業 ミュージシャン、作曲家、バンドリーダー、教師
担当楽器 ピアノ
活動期間 1950年代 -
レーベル プレスティッジ・レコードリバーサイド・レコード、ザナドゥ・レコード
共同作業者 キャノンボール・アダレイ、イリノイ・ジャケー、コールマン・ホーキンスデクスター・ゴードンマックス・ローチ
公式サイト www.barryharris.com

バリー・ハリスBarry Harris1929年12月15日 - )は、アメリカ合衆国ミシガン州デトロイト生まれのモダンジャズピアノ奏者。

マイルス・デイヴィスリー・コニッツらと共演し、後にニューヨークへ進出しキャノンボール・アダレイコールマン・ホーキンスデクスター・ゴードンらと活動を共にする。ブルーノート・レーベルではリー・モーガンの歴史的名盤といわれる『ザ・サイドワインダー』にも参加し他にも多くのバンドのサイドマンとして活躍し、またリーダー作も発表している。地味ながら実力派のバド・パウエル・スタイルの典型的なバップ・ピアニストである。

略歴[編集]

母親は教会のピアニストで母親からピアノの手ほどきを受ける。1954年デトロイトの「ブルーバードクラブ」のハウスピアニストとなり、その店にはマイルス・デイヴィス(トランペット)、マックス・ローチ(ドラム)が来て共演した。

1960年ニューヨークに進出し、数多くのライブ演奏のほか、リーダー・アルバム30枚以上、サイドメンとして100枚以上のアルバムに参加。モダンピアノの開祖と言われるバド・パウエルの音楽哲学、技法を受け継ぐ。

1982年にニューヨークに「ジャズ・カルチャー・シアター」を独力で設立。連夜のセッションや定期的にジャズ理論と実技の講座を開き、ジャズシーンへの登竜門の役割を果たす。世界各地の大学や教育団体より30ものアワードを受賞、2006年には、48回グラミージャズ栄誉賞をオスカー・ピーターソンハンク・ジョーンズと共に受賞。現在でも週に1回、マンハッタンにてワークショップを開き、ジャズ指導への熱意を絶やさない。

ディスコグラフィ[編集]

リーダー・アルバム[編集]

  • 『ブレイキン・イット・アップ』 - Breakin' It Up (1958年、Argo)
  • 『アット・ザ・ジャズ・ワークショップ』 - Barry Harris at the Jazz Workshop (1960年、Riverside)
  • 『リッスン・トゥ・バリー・ハリス〜ソロ・ピアノ』 - Listen to Barry Harris (1960年、Riverside)
  • 『プレミナード』 - Preminado (1960-1961年、Riverside)
  • 『ニューワー・ザン・ニュー』 - Newer Than New (1961年、Riverside)
  • 『チェイシン・ザ・バード』 - Chasin' the Bird (1962年、Riverside)
  • 『ルミネセンス』 - Luminescence! (1967年、Prestige)
  • Bull's Eye! (1968年、Prestige)
  • 『マグニフィセント!』 - Magnificent! (1969年、Prestige)
  • 『有為転変』 - Vicissitudes (1972年、MPS)
  • 『プレイズ・タッド・ダメロン』 - Barry Harris Plays Tadd Dameron (1975年、Xanadu)
  • 『ライヴ・イン・トーキョー』 - Live in Tokyo (1976年、Xanadu)
  • 『プレイズ・バリー・ハリス』 - Barry Harris Plays Barry Harris (1978年、Xanadu)
  • 『ザ・バード・オブ・レッド・アンド・ゴールド』 - The Bird of Red and Gold (1979年、Xanadu)
  • 『トーキョー:1976』 - Tokyo: 1976 (1980年、Xanadu)
  • For the Moment (1984年、Uptown)
  • 『パーカーズ・ムード』 - Live at Maybeck Recital Hall, Volume Twelve (1990年、Concord)
  • 『コンファーメイション』 - Confirmation (1991年、Candid) ※with ケニー・バロン
  • 『イン・スペイン』 - Barry Harris in Spain (1991年、Nuba)
  • 『ライヴ・アット・ダグ』 - Live at "Dug" (1995年、Enja)
  • 『ファースト・タイム・エヴァー』 - First Time Ever (1996年、Alfa Jazz)
  • 『アイム・オールド・ファッションド』 - I'm Old Fashioned (1998年、Alfa Jazz)
  • 『思い出のパリ』 - The Last Time I Saw Pari (2000年、Venus)
  • Live in New York (2002年、Reservoir)
  • Live from New York!, Vol. One (2004年、Lineage)
  • 『LIVE IN RENNES』 - Live in Rennes (2009年、Plus Loin)

TV出演[編集]

  • 音遊人(みゅーじん)(テレビ東京)2004年9月17日

参考文献[編集]

  • Swing Journal, 4, 1997. スイングジャーナル社、1997年。

外部リンク[編集]