バリュー・フォー・マネー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

バリュー・フォー・マネーとは経済学用語の一つ。消費者というのは代金を支払うことと引き換えにサービス商品を得られるということになるわけであるが、その際の消費者が得られる価値をより消費者の支払った代金に近い状態にしようという概念である。これは近年になってから行政において重視されるようになっている概念であり、その背景には納められた税金が効率的に運用されていなかったり、納税者には相応のサービスが提供されていないなどという問題が存在している。そこで行政においてもバリュー・フォー・マネーの概念に基づいて、従来ならば公共が自ら実施していたような事柄でも、民間に委託した方がコスト削減が実現できたり納税者に対してより良いサービスが提供できるようになるならば、公共サービスの中にも民間業者が行う事柄を取り入れていこうということになってきているわけである。

外部リンク[ソースを編集]