バム・デーブ・ガウタム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

バム・デーブ・ガウタム(Bam Dev Gautam 1948年 - )はネパール政治家プラチャンダ内閣副首相内務相ネパール共産党統一マルクス・レーニン主義派(統一共産党)、常任委員。前副首相内務相B.D.ガウタムとも

経歴[編集]

2008年8月プラチャンダ内閣毛沢東主義派統一共産党マデシ人権フォーラム等で組織)の組閣にあたり、統一共産党の代表として連立の交渉に当たる。交渉の結果6閣僚が統一共産党に割り当てられ、自らも内務大臣に内定していたが、8月23日、突然、内閣No.2のポスト(毛派のバーブラーム・バッタライ財務大臣に割り当てられていた)を要求して、全閣僚を引き上げた。結局、プラチャンダ首相が譲歩し、8月31日副首相内務大臣に就任。

バム・デーブ・ガウタムは1998年サハーナ・プラダンラダ・クリシュナ・マイナリらと統一共産党を脱退し、ネパール共産党マルクス・レーニン主義派を結成し総書記となるが、2002年2月15日、統一共産党に復党した。