バブルボブル2

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バブルボブル2
ジャンル アクションゲーム
対応機種 ファミリーコンピュータ
開発元 タイトー
発売元 タイトー
人数 1人プレイ専用
メディア ROMカートリッジ
発売日 1993年3月5日
テンプレートを表示

バブルボブル2』(海外名:Bubble Bobble Part 2)は1993年タイトーからファミリーコンピュータ向けに発売されたアクションゲームである。 ただ、レインボーアイランドにも同じく『THE STORY OF BUBBLE BOBBLE 2』と書かれている。同メーカー内での別作品同士にてサブタイトルが重なる問題はパラソルスターバブルメモリーズでも起きている。 のちに、ゲームボーイにて「バブルボブルジュニア」の名で移植される。

概要[編集]

バブルボブルの続編。主人公はバブルンではなくカビーとルビーという別のキャラクターとなっているが、見た目はバブルンとほぼ同じ。前作と比べキャラは大きく描かれている。また、家庭用に制作されており、難易度は低めに設定されている。 恋人のジュディをスカル兄弟から救うために旅に出る。

ゲームのルール[編集]

方向キー、2ボタン(ジャンプ、泡吐き)で主人公のカビー、ルビーを操作する。 前作とは相違点が多くあり、ライフがある、Bボタン溜め押しで溜め攻撃&浮く、10ステージごとにボスが出現、ミニゲーム追加などがある。また、コースクリア毎時に「CLEAR」の文字が出る。 コンティニューは5回まで出来る。

敵キャラ[編集]

  • ぜんちゃん

ぜんまいなキャラクター。攻撃は体当たり。

  • もんすた

斜めに移動するキャラクター。この他にも敵キャラが登場する。

ミスの条件[編集]

  • 敵や敵の攻撃、永久パターン防止キャラに触れた