バブルボブル2

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
バブルボブル2
ジャンル 固定画面アクション
対応機種 ファミリーコンピュータ
開発元 I.T.L.
発売元 タイトー
ディレクター しおかわたかし
デザイナー 明石佳久
タイガーかわの
プログラマー ひざけんいち
音楽 神尾憲一
美術 市角博継
明石佳久
シリーズ バブルボブルシリーズ
人数 1 - 2人(交互プレイ)
メディア ロムカセット
発売日 日本 199303051993年3月5日
アメリカ合衆国 1993081993年8月
その他 型式:日本 TFC-BB-5900
アメリカ合衆国 NES-BQ-USA
テンプレートを表示

バブルボブル2』(海外名:Bubble Bobble Part 2)は1993年タイトーからファミリーコンピュータ向けに発売されたアクションゲームである。

しかし、この作品以前に発売された同社の『レインボーアイランド』(1987年)の副題が『THE STORY OF BUBBLE BOBBLE 2』となっており重複しているほか、1994年リリースの『バブルシンフォニー』の北米版タイトルも『BUBBLE BOBBLE II』となっており、3作で重複している。同社の別作品同士にてサブタイトルが重なる問題は『パラソルスター』(1991年)と『バブルメモリーズ』(1996年)でも起きている。

のちに、ゲームボーイにて『バブルボブルジュニア』の名で移植される。

概要[編集]

バブルボブル』(1986年)の続編。主人公はバブルンではなくカビーとルビーという別のキャラクターとなっているが、見た目はバブルンとほぼ同じ。前作と比べキャラは大きく描かれている。また、家庭用に制作されており、難易度は低めに設定されている。 恋人のジュディをスカル兄弟から救うために旅に出る。

ゲーム内容[編集]

方向キー、2ボタン(ジャンプ、泡吐き)で主人公のカビー、ルビーを操作する。 前作とは相違点が多くあり、ライフがある、Bボタン溜め押しで溜め攻撃&浮く、10ステージごとにボスが出現、ミニゲーム追加などがある。また、コースクリア毎時に「CLEAR」の文字が出る。 コンティニューは5回まで出来る。

敵や敵の攻撃、永久パターン防止キャラに触れたらミスとなる。

敵キャラクター[編集]

  • ぜんちゃん

ぜんまいなキャラクター。攻撃は体当たり。

  • もんすた

斜めに移動するキャラクター。この他にも敵キャラが登場する。

他機種版[編集]

No. タイトル 発売日 対応機種 開発元 発売元 メディア 型式 売上本数
1 日本 バブルボブルジュニア
アメリカ合衆国 Bubble Bobble: Part 2

日本 199305281993年5月28日
アメリカ合衆国 1993071993年7月
ゲームボーイ タイトー タイトー ロムカセット 日本 DMG-LXA
アメリカ合衆国 SMG-LX-USA
ヨーロッパ SMG-LX-NOE
-
2 バブルボブルジュニア
ニンテンドウパワー
日本 200007012000年7月1日
ゲームボーイ タイトー タイトー フラッシュロムカセット - -

スタッフ[編集]

  • ディレクター:しおかわたかし
  • プログラム・ディレクター:ひざけんいち
  • プログラマー:くさのひろゆき、くによしとおる、よしおかけんじ
  • グラフィック・デザイン:市角博継
  • キャラクター・デザイン:明石佳久
  • 音楽デザイン:神尾憲一
  • ゲーム・デザイナー:明石佳久、タイガーかわの
  • スペシャル・サンクス:SONODA、SHOTARO、赤座清敬

評価[編集]

評価
レビュー結果
媒体 結果
ファミ通 20/40点 (FC)[1]
20/40点 (GB)[2]
GamePro 3/5点 (FC)[3]
ファミリーコンピュータMagazine 20.5/30点 (FC)[4]
19.5/30点 (GB)[5]
Power Unlimited 8/10点 (FC)[3]
7.5/10点 (GB)[6]
Total! 1.75/6点 (GB)[6]
ファミリーコンピュータ版

ゲーム誌『ファミコン通信』の「クロスレビュー」では、6・4・6・4の合計20点(満40点)[1]、『ファミリーコンピュータMagazine』の読者投票による「ゲーム通信簿」での評価は以下の通りとなっており、20.5点(満30点)となっている[4]

項目 キャラクタ 音楽 お買得度 操作性 熱中度 オリジナリティ 総合
得点 4.1 3.2 3.1 3.5 3.2 3.4 20.5
ゲームボーイ版

ゲーム誌『ファミコン通信』の「クロスレビュー」では、5・6・5・4の合計20点(満40点)[2]、『ファミリーコンピュータMagazine』の読者投票による「ゲーム通信簿」での評価は以下の通りとなっており、19.5点(満30点)となっている[5]

項目 キャラクタ 音楽 お買得度 操作性 熱中度 オリジナリティ 総合
得点 3.7 3.0 3.4 3.3 3.0 3.2 19.5

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b バブルボブル2 まとめ [ファミコン] / ファミ通.com” (日本語). KADOKAWA CORPORATION. 2017年8月12日閲覧。
  2. ^ a b バブルボブル Jr. まとめ [ゲームボーイ] / ファミ通.com” (日本語). KADOKAWA CORPORATION. 2017年8月12日閲覧。
  3. ^ a b Bubble Bobble Part 2 for NES (1993) - Moby Games”. Blue Flame Labs. 2017年8月11日閲覧。
  4. ^ a b 「超絶 大技林 '98年春版」、『Play Station Magazine』増刊4月15日号、徳間書店/インターメディア・カンパニー、1998年4月15日、 109頁、 ISBN 雑誌26556-4/15
  5. ^ a b 「超絶 大技林 '98年春版」、『Play Station Magazine』増刊4月15日号、徳間書店/インターメディア・カンパニー、1998年4月15日、 517頁、 ISBN 雑誌26556-4/15
  6. ^ a b Bubble Bobble: Part 2 for Game Boy (1993) - Moby Games”. Blue Flame Labs. 2017年8月11日閲覧。

外部リンク[編集]