ババ・ヴァンガ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ババ・ヴァンガ

ババ・ヴァンガ(Baba Vanga、1911年1月31日 - 1996年8月11日)は、ブルガリア予言者である。ストルミツァ出身。ヨーロッパを中心としてたいへん大きな影響力を持つ[1]

12歳のときに竜巻に飲み込まれ、激しい砂嵐で両目を傷つけられて失明し、盲目となった。それ以来、予知能力が身についた[1]。本人は、普通の人間には見えない不思議な生き物が、未来の出来事を予知夢として教えてくれると主張していた[2]

予言の的中率は80%、または85%といわれている[1][2]アメリカ同時多発テロ事件スマトラ島沖地震バラク・オバマの大統領当選、東北地方太平洋沖地震福島第一原子力発電所事故を予言したともいわれる[3]。生前にはアドルフ・ヒトラーの訪問を受けて、戦況の推移を尋ねられたこともある[1]

死後、予言の多くは衝撃的なものだったためにブルガリア政府によって国家機密扱いされた。しかし2014年に政権交代されたため、その予言の一部が解禁されている。その内容には、地球環境の大きな変化、戦争、人類滅亡などを思わせるものも含まれている[1]

しかし「当たっているのは抽象的な内容の予言だけで、国の名前など具体的な内容を言った予言はすべてはずれている」「本人は読み書きができず、しかも予言の内容はブルガリア政府に独占されているので、本物かどうかの検証ができない」「的中率はヴァンガに相談した者へのアンケートで集めた結果だが、相談者はヴァンガを信じていたはずなので、アンケート回答に先入観が入っていた可能性もある」という指摘もある[4]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 『ムー的都市伝説』並木伸一郎ポプラ社p116-117
  2. ^ a b ブルガリア国家最高機密ババ・ヴァンガの予言「2016年最悪のシナリオ」! 当たりすぎて震える…!p1
  3. ^ ブルガリア国家最高機密ババ・ヴァンガの予言「2016年最悪のシナリオ」! 当たりすぎて震える…!p2
  4. ^ 『「新」怪奇現象41の真相』ASIOS彩図社p141-148