バハ・カリフォルニア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
バハ・カリフォルニア

バハ・カリフォルニア (Baja California) は、メキシコの地域名で、カリフォルニア湾コロラド川より西の地域。行政的には北半のバハ・カリフォルニア州と南半のバハ・カリフォルニア・スル州からなる。東のソノラ州、北のアメリカ合衆国カリフォルニア州と陸上で接する。

バハ・カリフォルニア州のことを単にバハ・カリフォルニアということもある。逆に、バハ・カリフォルニアをバハ・カリフォルニア・スル州を含めた意味で使うときは、バハ・カリフォルニア州をバハ・カリフォルニア・ノルテ州と呼ぶことがある。

面積の大部分をバハ・カリフォルニア半島(カリフォルニア半島)が占める。ただし、バハ・カリフォルニア州の州都メヒカリを初め、ティファナエンセナーダなどの主要都市は、アメリカ国境に近い地域にあり、半島にはない。半島部分の主要都市としてはラパスがある。

本来、カリフォルニアとは、と思われたカリフォルニア半島に名づけられた島名(カリフォルニア島)だった。その後、より広い地域を呼ぶようになり、本来のカリフォルニアを含む南半はバハ・カリフォルニアと呼ばれるようになった。バハ (Baja) は「」の意味で、地名に使う場合は「地図で下」、つまり「」を意味する。それに対し、カリフォルニアの北半は、アルタ・カリフォルニア (Alta California) と呼ばれた(現在はほとんど呼ばない)。アルタ (Alta) は「」、つまり「」という意味である。アルタ・カリフォルニアは1848年米墨戦争によりアメリカに割譲され、1850年にカリフォルニア州となった。

1968年以降、オフロードカーレースバハ1000が、バハ・カリフォルニアを縦断するエンセナーダ~ラパス間で開かれることでも知られる。

関連項目[編集]