バニパルウィット 突然!猫の国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

バニパルウィット 突然!猫の国』(バニパルウィット とつぜん!ねこのくに)は、なかむらたかしによる日本小説及び、それを原作としたアニメーション映画

ストーリー[編集]

小学5年生のトリヤスの家から、飼い犬のパパドールが突然いなくなってしまった。しかし、パパドールのことを心配する妹のミーコとは対照的に、トリヤスはパパドールのことに何の関心も抱いていなかった。

パパドールがいなくなってから一週間が過ぎた日の夜。トリヤスとミーコの家に、人の言葉を話す三匹の猫がやってきた。二人は猫たちによって、猫たちの暮らす国バニパルウィットに連れて来られ、その影響で猫になってしまった。戸惑うトリヤスに対し、猫たちは二人に「パパドールが巨大な怪物となって暴れているから、元の世界に連れ帰って欲しい」と頼み込んだ。パパドールは、バニパルウィットを支配しようとしているブブリーナによって怪物にされてしまっていたのだ。しかも、二日目の朝を迎えると、二人も怪物になってしまうという。そんな時、パパドールが街に現れ、ミーコがブブリーナの城に連れ去られてしまった。トリヤスはミーコとパパドールを取り戻すため、猫たちと協力してブブリーナに立ち向かうことになる。

登場キャラクター[編集]

トリヤス
小学5年生の男の子で本作の主人公。本名は「とりやまやすお」だが、皆からは名前をもじって「トリヤス」と呼ばれている。
宇宙人の存在を信じている。パパドールとは仲良しだったが、クラスメイトに馬鹿にされてからはパパドールと遊ばなくなり、同時に宇宙人のことも信じなくなる。
猫たちに頼まれ渋々協力していたが、ブブリーナとの闘いの中で、自分がパパドールに酷いことをしてしまったことに気付き、自分の意志でパパドールを取り戻そうと決意する。無事にパパドールを取り戻した後は、再びパパドールと一緒に遊ぶようになる。
ミーコ
トリヤスの妹でもう一人の主人公。好奇心旺盛な性格で、無理を言ってバニパルウィットに付いて行く。
パパドール
トリヤスが飼っている犬。クラスメイトに馬鹿にされたトリヤスのやつ当たりを受け、それ以来犬小屋に引き籠るようになった。
ドウドウによってバニパルウィットに連れて来られ、怪物となってブブリーナに飼われる。
サンダダ
バニパルウィットの住民。魔法使い。トリヤスにパパドールを連れ帰るように頼み込む。
ヘノジィ、ホイホイ、スットボケ
バニパルウィットの住民。サンダダの弟子である三人組。トリヤスとミーコをバニパルウィットに連れて来る。
チュチュ
バニパルウィットの住民で本作のヒロイン。サンダダの弟子であるメス猫。勝気で男勝りの性格をしている。当初はトリヤスと衝突していたが一緒に行動する内にお互い惹かれあう。
ブブリーナ
ブブリーナ城の王女。甘やかされて育ったため傲慢な性格になってしまい、何でも自分の思い通りになると思っている。そのためにレムラムによって、触れるもの全てが風船になる呪いをかけられてしまう。
バニパルウィットを支配しようと、パパドールを使って住民たちを襲わせている。
ドウドウ
バニパルウィットの住民。サンダダの弟子で、チュチュの兄。ブブリーナに惚れてしまい、サンダダの許から「魔法のグローブ」を持ち出し、ブブリーナに協力している。
レムラム
バニパルウィットの住民。魔法使い。ブブリーナのわがままのせいで娘のリリーが死んでしまったことに怒り、ブブリーナに呪いをかける。

書誌情報[編集]

劇場アニメ[編集]

とつぜん!ネコの国 バニパルウィット
監督 なかむらたかし
脚本 なかむらたかし
小中千昭
原作 なかむらたかし
出演者 堀裕晶
佐々木未来
日高のり子
飯塚雅弓
音楽 三枝成彰
主題歌 飯塚雅弓「夢への扉」
製作会社 バンダイビジュアル
ACクリエイト
公開 日本の旗 1998年5月30日
上映時間 75分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

とつぜん!ネコの国 バニパルウィット』(とつぜん!ネコのくに バニパルウィット)のタイトルで製作され、1998年5月30日に公開された。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

エンディングテーマ「夢への扉」
作詞 - 室生あゆみ / 作曲 - 三枝成彰 / 歌 - 飯塚雅弓杉並児童合唱団

外部リンク[編集]