バドルンニサー・ベーグム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

バドルンニサー・ベーグム(Badr-un-Nissa Begum, 1647年11月27日 - 1670年4月9日)は、北インドムガル帝国の第6代皇帝アウラングゼーブの三女。母はナワーブ・バーイー

生涯[編集]

1647年11月27日ムガル帝国の第6代皇帝アウラングゼーブとその妃ナワーブ・バーイーの娘として生まれた[1]

1670年4月9日、22歳の若さで他の姉妹に先立って死亡した[2]

出典・脚注[編集]

関連項目[編集]