バトル・マウンテン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
  • バトルマウンテン
バトル・マウンテン
Battle Mountain
バトル・マウンテンのダウンタウンの表通り
バトル・マウンテンのダウンタウンの表通り
位置
バトル・マウンテンの位置 の位置図
バトル・マウンテンの位置

座標 : 北緯39度38分22秒 西経116度56分14秒 / 北緯39.63944度 西経116.93722度 / 39.63944; -116.93722
行政
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
  ネバダ州
  ランダー郡
 市 バトル・マウンテン
地理
面積  
  市域 9.2 km2
    陸上   9.2 km2
    水面   0 km2
標高 1375 m
人口
人口 (2010年現在)
  市域 3,635人
    人口密度   395.1人/km2
その他
等時帯 太平洋標準時 (UTC-8)
夏時間 太平洋夏時間 (UTC-7)

バトル・マウンテンBattle Mountain)はアメリカ合衆国ネバダ州非法人地域で、ランダー郡郡庁所在地である。 [1]人口は3635人(2010年アメリカ合衆国国勢調査)。主要な経済基盤は金の採掘、それと規模は小さいものの合法化された賭博。

位置は州間高速道路80号線ウィネマッカ英語版エルコ英語版の間である。

歴史[編集]

バトル・マウンテン鉱山地区の金鉱と銅鉱。 2019年現在、鉱山はニューモント・ゴールドコープによって「フェニックス鉱山」として運営されている。

この地域には元々北パイユート族とショショーニ族が暮らしていた。1820〜30年代には毛皮目当ての猟師には知られていた。1845年、フンボルト川英語版沿いに西に向かう移民たちの通過点となった。言い伝えによれば、バトル・マウンテンという町の名前は、1850〜60年代の先住民族と初期移住者との対立に由来するものと言われる。

1866年に近郊のアルジェンタでが発見され、セントラル・パシフィック鉄道がアルジェンタ駅を建設。しかし、1870年に駅をバトル・マウンテンに移設し、銅と金の採掘地としての町が形成されることになった。

1874年、ネバダ州議会は知事の拒否権を覆し、オースティンからバトル・マウンテンまでの鉄道事業を承認。これがネバダ・セントラル鉄道で1880年に開通した。さらにオースティン近郊の銀採掘場とも連結させたが、1938年には廃線となった。

1979年、ネバダ州最高裁判所はランダー郡の郡庁所在地をバトル・マウンテンに変更した。

地理と気候[編集]

フンボルト川

バトル・マウンテンは、フンボルト川とリース川という二つの川の合流点で、南東をショショーニ山脈、南西をバトル・マウンテン山脈、北をシープクリーク山脈に囲まれた谷間に位置する。

アメリカ合衆国国勢調査局によると、面積は9.3平方キロメートル.

気候はステップ気候で、ケッペンの気候区分ではBSkにあたる。乾燥し、標高が高いため、気温の日較差が大きい。とりわけ夏はその差は25°Cにも達する。

交通[編集]

州間高速道路80号線

バトル・マウンテンは州間高速道路80号線リノ (ネバダ州)ソルトレイクシティのほぼ中間に位置し、オースティンに向かう州道305号の出発点である。

ユニオン・パシフィック鉄道も通っている。

バトル・マウンテン空港、別名ランダー郡空港は公共用飛行場で、バトル・マウンテンの中央商業地区の南東4.8 kmにある。この空港はランダー郡が所有し、バトル・マウンテン空港当局が運営している。

人口統計[編集]

2000年の国勢調査では、バトル・マウンテンの国勢調査指定地域には1053世帯、731家族、2871人が住んでいる。人口密度は1 km2当たり612.4人。人種構成は、白人81.30%、アフリカ系0.14%、ネイティブアメリカン2.54%、アジア系0.49%、太平洋諸島系0.03%、他の人種11.81%、2つ以上の人種3.69%。ラテン系の人種は人口の23.58%である。

1,053世帯の54.6%が夫婦で、41.9%が18歳未満の子供と同居。9.9%は夫のいない女性が世帯主。30.5%は非家族。25.2%がひとり暮らしで、65歳以上は4.8%。平均世帯規模は2.71、平均子供数は3.28。

人口は18歳未満が33.8%、18歳から24歳までが8.1%、25歳から44歳までが29.0%、45歳から64歳までが22.4%、65歳以上が6.7%。中央年齢は32歳。女性100人に対して男性104.1人、18歳以上だと104.4人。

世帯の平均収入は42,981ドル、家族の平均収入は50,995ドル。男性の平均収入は45,313ドル、女性は25,417ドル。一人当り収入は16,975ドル。家族の約7.8%と人口の11.8%は貧困線以下で、それには18歳未満の14.1%と65歳以上の20.0%が含まれる。

スポーツ[編集]

町のすぐ外にある州道305号は長くまっすぐな平坦な道のため、毎年恒例の自転車レースを開催している。「ワールド・ヒューマン・パワード・ スピード・チャレンジ」と呼ばれるもので、世界最速記録を目指して世界中からチームが集まる。[2] 2016年9月16日、Todd Reichertが時速144.18 kmの世界最高記録を達成。[3] 2019年には、フランスのIlona Peltierが時速126.51 kmの記録を出し、「世界最速の女性」になった。[4]

大衆文化[編集]

  • 2007年5月15日にアメリカのポストハードコアバンド「ダンス・ギャヴィン・ダンス」がデビューアルバム「Downtown Battle Mountain」をリリース。ヴォーカリストのジョン・メスはインタビューで、アルバム製作中にバトル。マウンテンに立ち寄ったのが理由だと語った。2011年3月8日には続編にあたる「Downtown Battle Mountain II」もリリース。
  • 元MSNBC.comのコラムニストであるジャネット・ウォールズ英語版は回顧録「ガラスの城の約束」で、子供の頃、バトル・マウンテンに住んでいたことを書いている。彼女の父親は炭鉱で働いていた。

著名な出身者[編集]

参考資料[編集]

  1. ^ Lander County Code of Ordinances - Appendix I - Battle Mountain Town Boundary”. Municode. 2017年10月15日閲覧。
  2. ^ NHKの人気番組「超絶 凄ワザ!」への出演について”. 東レ・カーボンマジック (2016年4月25日). 2020年1月15日閲覧。
  3. ^ Human Powered Vehicle Information Center Official Speed Records
  4. ^ New Records at WHPSC 2019”. ihpva.org (2019年9月24日). 2019年9月27日閲覧。

外部リンク[編集]

座標: 北緯40度38分22秒 西経116度56分14秒 / 北緯40.63944度 西経116.93722度 / 40.63944; -116.93722