バティルディス・フォン・アンハルト=デッサウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
バティルディス・フォン・アンハルト=デッサウ
Bathildis von Anhalt-Dessau
Bathildis of Anhalt-Dessau.jpg

出生 (1837-12-29) 1837年12月29日
Flag of Anhalt Duchies.png アンハルト=デッサウ公国、デッサウ
死去 (1902-02-10) 1902年2月10日(64歳没)
Flag of Austria-Hungary (1869-1918).svg オーストリア=ハンガリー帝国
Flag of Bohemia.svg ボヘミア王国ナーホト
配偶者 シャウムブルク=リッペ侯子ヴィルヘルム
子女 シャルロッテ
フランツ・ヨーゼフ
フリードリヒ
アルブレヒト
マクシミリアン
バティルディス
アーデルハイト
アレクサンドラ
家名 アスカーニエン家
父親 フリードリヒ・アウグスト・フォン・アンハルト=デッサウ
母親 マリー・フォン・ヘッセン=カッセル
テンプレートを表示

バティルディス・アマルグンデ・フォン・アンハルト=デッサウ(Bathildis Amalgunde Prinzessin von Anhalt-Dessau, 1837年12月29日 - 1902年2月10日)は、ドイツの諸侯家門アンハルト=デッサウ家の公女で、シャウムブルク=リッペ侯子ヴィルヘルムの妻。

生涯[編集]

アンハルト公レオポルト4世の弟フリードリヒ・アウグストと、その妻でヘッセン=カッセル=ルンペンハイム方伯ヴィルヘルム(10世)の娘であるマリーの間の第2子、次女として生まれた[1]

1862年5月30日にデッサウにおいて、シャウムブルク=リッペ侯ゲオルク・ヴィルヘルムの三男であるヴィルヘルムと結婚し、間に4男4女の8人の子女をもうけた。

子女[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Lundy, Darryl. “The Peerage: Bathildis Prinzessin von Anhalt-Dessau”. 2012年3月19日閲覧。