バティルディス・ツー・シャウムブルク=リッペ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

バティルディス・ツー・シャウムブルク=リッペBathildis Prinzessin zu Schaumburg-Lippe, 1873年5月21日 ラティボリッツ英語版 - 1962年4月6日 バート・アロルゼン)は、ドイツの旧諸侯シャウムブルク=リッペ家の侯女で、ヴァルデック=ピルモントフリードリヒの妻。全名はバティルディス・マリー・レオポルディーネ・アンナ・アウグステBathildis Marie Leopoldine Anna Auguste)。

シャウムブルク=リッペ侯ゲオルク・ヴィルヘルムの次男ヴィルヘルムと、その妻でアンハルト=デッサウ公子フリードリヒ・アウグストの娘であるバティルディスの間の第6子、次女として生まれた。1895年8月9日にナーホトにおいて、又従兄にあたるヴァルデック侯フリードリヒと結婚した。夫妻は間に4人の子女をもうけた。

  • ヨシアス・ゲオルク・ヴィルヘルム・アドルフ(1896年 - 1967年) - ヴァルデック侯家家長
  • マックス・ヴィルヘルム・グスタフ・ヘルマン(1898年 - 1981年) - 1929年、伯爵令嬢グスタファ・フォン・プラーテン=ハラームントと結婚
  • ヘレーネ・バティルディス・シャルロッテ・マリー・フリーデリケ(1899年 - 1948年) - 1921年、オルデンブルク大公世子ニコラウスと結婚
  • ゲオルク・ヴィルヘルム・カール・ヴィクトル(1902年 - 1971年) - 1932年、伯爵令嬢インゲボルク・フォン・プラーテン=ハラームントと結婚

外部リンク[編集]