バッドボーイズ (お笑いコンビ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
バッドボーイズ
BADBOYS
メンバー 佐田正樹
大溝清人
別名 バッド
結成年 1996年
事務所 よしもとクリエイティブ・エージェンシー
活動時期 1997年 -
影響 とんねるずダウンタウン
出会い 福岡連合(暴走族)
福岡第一高等学校
旧コンビ名 BLACK×BLAKC
現在の活動状況 テレビ・ライブなど
芸種 漫才コント
ネタ作成者 清人
過去の代表番組 AKBINGO!
爆笑オンエアバトル
10カラット
スイッチ!
AKB1じ59ふん!
AKB0じ59ふん!
PON!
あるあるYYテレビ
など
同期 ライセンス
ロザン
カラテカ
ハローバイバイ (解散)
佐久間一行
カリカ (解散)など
公式サイト バッドボーイズのブログ案内所
受賞歴
極楽とんぼ KAKERUTV 第一回コンビ相撲 最強決定戦 優勝
テンプレートを表示

バッドボーイズは、よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属の日本お笑いコンビ吉本興業福岡事務所(福岡吉本)でデビュー。その後東京本社(東京吉本)に移籍した。

概略[編集]

コンビ揃って暴走族の「福岡連合」出身で、福岡第一高等学校の同級生でもある。暴走族を引退してどうしようもない毎日を送っていた佐田が、担任の教師に「将来何がしたいんだ?」と訊かれ、俳優歌手になりたいと答えると、「お前は歌手ってガラじゃないし、俳優は台詞を覚えるのが難しい[1]から、清人とお笑いやれ」と促され、1997年4月に結成した。2002年に福岡吉本から東京本社に移籍。

爆笑オンエアバトル』では3回出場するも一度もオンエア経験がない[2]M-1グランプリでの最高結果は準決勝進出(2004年度)。『THE MANZAI 2011』では本選サーキット出場権を得たが、決勝戦には進出できなかった。当初は3人組だったが、ひかるSというメンバーの1人がボクサーになりたいと言って脱退、2011年現在はホットドッグ店を経営している。

デビュー当初は博多弁を使った漫才をしていたが、現在は関西弁を混じらせた漫才をしている。

メンバー[編集]

福岡県糟屋郡篠栗町出身。身長173cm、体重67kg。血液型A型福岡第一高等学校卒業。
愛車は khc130型ローレル。カーナビも取り付けている。
福岡県福岡市早良区出身。身長167cm、体重56kg。血液型A型。福岡第一高等学校中退。旧芸名は、清人(きよと)。

エピソード・人物[編集]

佐田[編集]

幼少の頃いじめられっ子であったが、父親に映画『ビー・バップ・ハイスクール』シリーズのビデオを渡され「これを観て強くなれ」と言われる。学生時代からリーゼントをトレードマークにしており、デビュー時から金髪獅子を思わせるような髪型だったが、2004年から黒髪になった。2013年4月23日放送分「AKB48vs佐田正樹 5番勝負」より</ref>での罰ゲームにより、丸刈りになった、以降はソフトモヒカンにしている。

地元の柔道の大会で優勝したことがある。『虎の門』での柔道大会に出演し、福島善成ガリットチュウ)と対戦。追い込まれた佐田が最後にキレて、打撃禁止ルールにも関わらず福島を故意に蹴ってしまい、反則負けになったことがある。生まれてから27年間、ケンカ等で負けた事がなかったが、『やりすぎコージー』の芸人格闘王選手権で、打撃なしのグラップリングではあるものの山下しげのりに人生で初めて負けて裏で泣いた。後にトレーニングを積みリベンジを果たしたが、右足じん帯を痛め、次戦はドクターストップとなった。

人志松本のすべらない話』第1回出演のメンバーで唯一、その後一度も出演していない[3]。また、後に同番組がDVD化され大ヒットしたことや、他の出演メンバー千原ジュニアほっしゃん。宮川大輔河本準一がフリートークに定評のある芸人としてブレイクしたことを挙げ、「お笑いブームに乗れていない」「ブレイクチャンスを逃した」と何度か自虐ネタにしている。『スイッチ!』2007年1月3日放送分において、11年交際していた彼女にプロポーズ。そして同年4月15日に婚姻届を提出。その後ゴルフを始めた。現時点での最高スコアは111。

実家はパンクブーブー黒瀬純の家の近所であり、歩いて3分の距離であった。黒瀬とは小学生の頃からの知り合いであり、共通点が多く、清人も黒瀬と仲が良かった。出会ったのは佐田が小学生の頃、黒瀬の弟と喧嘩して勝ち、その後、黒瀬にグランドに呼び出されたのが最初。また、同じ暴走族に所属していた(黒瀬が3年先輩)。

大溝[編集]

中学生時代の身長は148.5cm。佐田と「バッドボーイズ」を結成し芸人となった理由は、芸人になるのが夢であったのと同時に、「売れてテレビに出れば、親なんで、僕のこと見て気付く」から、母を「探すよりも、頑張って芸人でテレビ出るほうがいいかな、と思って」であり、その思いが現実となった。

絵を描くのが得意であり、『AKB0じ59ふん!』では即興で自由の女神ナリタブライアン(実際にはウマの絵)を披露した。

『AKBINGO!』2009年10月14日放送分で結婚を発表。結婚相手は一般人で、先述の実父宅に連れて行き紹介した際、大溝ですら見た目に手を付けられないような父の手料理を「嫁が率先して食べて、美味いっつって言ったのを見た時に、『一生おれるな』と思って」結婚を決意した。2009年11月22日に婚姻届を提出し翌2010年の1月16日に結婚式を挙げた。2010年4月25日に第一子が、2011年10月27日に第二子がそれぞれ誕生している。

暴走族時代[編集]

佐田は元・福岡連合二代目総長及び暴走族「幻影」の元総長で、当時の福岡では最大勢力を誇った。かつて福岡少年鑑別所に1年3ヵ月月収容されていた。楽しみはビデオ鑑賞であり、この時に観た『ジュラシック・パーク』に衝撃を受け、現在でも最も好きな映画だという。逮捕されても高校を卒業できた理由は、親が「卒業させてほしい」と要望し、先生が鑑別所にいるということではなく、入院ということにしたためであった[4]

清人は元・福岡連合二代目連絡隊長及び暴走族「汝風(なち)」の元メンバー。総長が企画した暴走行為を連絡しなければ暴走行為は起こらなかったという理由で連絡隊長であった清人が逮捕されたことがある。高校を中退となった理由は、逮捕されたからではなく逮捕されたことが発覚して退学処分にされたためである[5]

出演番組[編集]

過去[編集]

レギュラー番組

佐田

清人

ゲスト出演[編集]

佐田

清人

コンビ

テレビドラマ[編集]

佐田

コンビ

舞台[編集]

佐田

  • デッド・オア・アライブ・オア・アルバイト(2014年)
  • ひまわり(2015年)

映画[編集]

佐田

コンビ

書籍[編集]

佐田
自伝小説。後に『ヤングチャンピオン』にて漫画化。
  • 『デメキン』(秋田書店 ヤングチャンピオンコミックス(YC COMICS)(1 - 16巻)(原作佐田正樹 イラスト ゆうはじめ)
清人
  • 『ダブル☆ピース』(ワニブックス 2010年1月)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ その後、佐田は8本映画に出演している。
  2. ^ 1度目は229KBで7位、2度目は241KBで9位、3度目は337KBで7位。
  3. ^ スピンオフ企画を除く。
  4. ^ 『よしもと本物流Vol.9 青版ロンドンブーツの天下取り指南』
  5. ^ 『よしもと本物流Vol.9 青版ロンドンブーツの天下取り指南』
  6. ^ 乃木坂・相楽伊織、お笑い番組で初MC 目標は「松岡茉優さん」”. ORICON STYLE (2015年9月28日). 2015年9月28日閲覧。

外部リンク[編集]