フウリュウウオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
フウリュウウオ
Malthopsis lutea.jpg
フウリュウウオ(Malthopsis lutea
分類
: 動物Animalia
: 脊索動物Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 条鰭綱 Actinopterygii
: アンコウ目 Lophiiformes
亜目 : アカグツ亜目 Ogcocephalioidea
: アカグツ科 Ogcocephalidae
: フウリュウウオ属 Malthopsis
本文参照

フウリュウウオは、アンコウ目アカグツ科フウリュウウオ属に分類される魚の総称、または同属の1種(Malthopsis lutea)の和名。カリブ海周辺の比較的浅い海に生息する種や、日本近海の深海に生息する種などがいる。

カリブ海周辺に生息するものは、別名バットフィッシュと呼ばれる。

生態[編集]

体長は20-40cmほどで、水深15-200mほどの比較的浅い海の砂底に生息する。主に発達した胸ビレと腹ビレ(腹鰭)を使って海底を歩くようにして泳ぎ、甲殻類多毛類を餌とする。魚をおびき寄せるためのエスカは退化してとても小さく、実用性はほとんど無いが、アンコウ目から枝分かれしたときの痕跡器官となっている。またエスカは格納が可能である。後ろを向きを目に見立てて威嚇する。

近縁種[編集]

基本的にはほとんど変わらないが、100-700mとかなり深いところに生息する。

分類[編集]

参考文献[編集]