バッジネーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

バッジネームBadge name)とは、モータースポーツ用語。本来の意味は「エンジンや車体の製造者の名前」を指す用語であるが、実際には自社以外のメーカーが製造した車体やエンジンの命名権を買い取り、自社の名前で主催者へのコンストラクター登録等を行うことを指す。

F1においては、1990年代以降エンジンや車体の開発費用が高騰するようになったことから、エンジン名に独自のスポンサーを付けることでエンジン供給に必要な費用を実質的に当該スポンサーに肩代わりしてもらうことを狙いに行われることが多い。

一方F1以外では、レーシングエンジンビルダーが独自に開発したエンジンに対し、自動車メーカーや関連部品メーカーが宣伝やモータースポーツ振興等を目的として開発資金等を提供し、その結果として当該メーカーの名前がバッジネームとして付けられるケースが多く見られる。

主なバッジネームの使用例[編集]

F1[編集]

また、F1エンジンの名機として名高いフォード・コスワース・DFVエンジンも、実際はコスワースが独自に開発したF1エンジンにフォードが資金援助を行った結果「フォード」の名前が付けられたものである。

その他[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Lamm, John. “だから、インディはおもしろい。” (日本語). 2008年6月23日閲覧。