バッグ・クロージャー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
バッグ・クロージャー
様々なバッグ・クロージャー

バッグ・クロージャーは、食パン等のを留めるプラスチック製の留め具である。

アメリカ合衆国のクイック・ロック(Kwik Lok)社の創業者であるフロイド・パクストン(Floyd Paxton)が発明した製品で、米国で特許を取得している[1]。日本では日本法人のクイック・ロック・ジャパン株式会社のみが製造している[2]

歴史[編集]

包装機械事業を営んでいたパクストンは、1952年に顧客のリンゴ生産者からリンゴを詰めた袋の口を簡単に閉じる方法はないかという依頼を受け、バッグ・クロージャーの原型を発案した[3]

この器具はリンゴ生産者の間で広がり、さらに製パン業でもオーバーラップ包装に代わって袋詰めが広まるにつれて使われるようになった。1960年代にはクイック・ロック社の従業員が自動袋詰め装置を発明した。クイック・ロック社はこれに対応したバッグ・クロージャーの自動結束機を開発し、市場は飛躍的に拡大した[3]

脚注[編集]

  1. ^ US Patent 3417912
  2. ^ 食パンとかの“あれ”を作る会社に @nifty:デイリーポータルZ、2007年10月29日
  3. ^ a b クロージャーの歴史 クイック・ロック・ジャパン株式会社

外部リンク[編集]