バチカン宮殿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サン・ピエトロ広場から眺めたバチカン宮殿

バチカン宮殿(ばちかん きゅうでん、Palazzi Apostolici, Palazzi Vaticaniとも)は、バチカン市国内のサン・ピエトロ大聖堂に隣接するローマ教皇の住居である。

当初、バチカンには、サン・ピエトロ大聖堂に隣接して修道院巡礼者の宿泊施設、教皇の休憩用の邸宅程度しかなかった。アヴィニョン捕囚以前の教皇の住居はラテラノ宮殿に置かれていた(サン・ジョバンニ・イン・ラテラノ大聖堂の項目を参照)。

カール大帝オットー2世がバチカン宮殿に滞在していることから、その当時には一定の規模になっていたと考えられる。また、教皇インノケンティウス3世1198年 - 1216年)やボニファティウス8世1235年 - 1303年)などが増築を行っている。

アヴィニョン捕囚の後、バチカン宮殿は教皇の住居になった(当時の教皇ニコラウス5世1455年 - 1458年)による建物が現存しているという)。1583年クイリナーレ宮殿が竣工すると、バチカン宮殿は教皇の住居の座をクイリナーレ宮殿に譲るが、それ以降も度々増築され、図書館、システィーナ礼拝堂、博物館施設などが建てられた。博物館を一般に公開するようになるのは18世紀中期以降で、展示内容・施設は徐々に充実されていった。

イタリア統一運動(リソルジメント)を背景とした1870年教皇領消滅によって、翌1871年より、教皇は再びバチカン宮殿に住居を移した。

バチカン博物館(Musei Vaticani、バチカン美術館とも)として、ラファエロが天井画・壁画を描いた「署名の間」(ラファエロの間)や、ルネサンスバロック期の作品を集めた絵画館、古代ギリシャ・ローマの美術コレクションを集めたピオ・クレメンテ美術館などが公開されている。

現在、教皇の住居になっているのは、16世紀シクストゥス5世による建物、また、教皇が謁見を行う広間は20世紀に建てられたものである。これらはもちろん非公開である。「謁見の間」にはペリクレ・ファッツィーニが製作した彫刻「キリストの復活」があり、その製作にはファッツィーニの助手の杭谷一東も参加した。

外部リンク[編集]

座標: 北緯41度54分13秒 東経12度27分23秒 / 北緯41.90361度 東経12.45639度 / 41.90361; 12.45639