バタフライ・エフェクト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
バタフライ・エフェクト
The Butterfly Effect
監督 エリック・ブレス
J・マッキー・グラバー
脚本 エリック・ブレス
J・マッキー・グラバー
製作 クリス・ベンダー
A・J・ディックス
アンソニー・ルーレン
J・C・スピンク
製作総指揮 ケイル・ボイター
リチャード・ブレナー
トビー・エメリッヒ
ジェイソン・ゴールドバーグ
デヴィッド・クリンツマン
アシュトン・カッチャー
ウィリアム・シヴリー
出演者 アシュトン・カッチャー
音楽 マイケル・サビー
主題歌

オアシス

"Stop Crying Your Heart Out"
撮影 マシュー・F・レオネッティ
編集 ピーター・アマンドソン
配給 アメリカ合衆国の旗 ニュー・ライン・シネマ
日本の旗 アートポート
公開 アメリカ合衆国の旗 2004年1月23日
日本の旗 2005年5月14日
上映時間 114分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $13,000,000[1]
興行収入 $57,940,000[1] アメリカ合衆国の旗カナダの旗
$96,060,858[1] 世界の旗
次作 バタフライ・エフェクト2
テンプレートを表示

バタフライ・エフェクト』(The Butterfly Effect)は、2004年に公開されたアメリカ映画。日本では2005年5月に公開された。カオス理論の一つ、バタフライ効果をテーマに製作された。斬新で衝撃的なアイディア、練り込まれた脚本が受け、本国アメリカで初登場1位を記録した。

2006年には続編『バタフライ・エフェクト2』、2009年には『バタフライ・エフェクト3/最後の選択』が公開された。

あらすじ[編集]

時折、短時間の記憶を喪失することがあった少年エヴァンは、医師の勧めで治療の一環として日記を書き始める。大学生になり、記憶喪失の症状が丸7年起こらなかったことに喜び、日記を読み返すと、その日記に書かれている過去の時点に戻れる能力がある事に気づく。自分のせいで幼馴染のケイリーの人生を狂わせてしまった事を知ったエヴァンは、過去に戻り運命を変える事を決意する。しかし、過去に戻り、選択肢を変えることによって変化した現在では、必ずエヴァン本人もしくは彼が救おうとした誰かが不幸になっていた。幼いころのケイリーが、両親が離婚した時に母親ではなく父親の許に残ったのは、初めて会った時からエヴァンを慕っていたからだと知ったエヴァンは、ケイリーとの出会いの時に戻り、彼女を遠ざけた。その選択によってケイリーは母親について町を出ていき、現在ではエヴァンとケイリーは幼なじみではなく全くの他人となったものの、それまでの選択のように周囲に不幸な人生を歩んだ者はおらず、エヴァンは日記を焼き捨て、過去の修正をやめる。8年後、エヴァンとケイリーは街角ですれ違うが、言葉を交わすことはなかった。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
エヴァン アシュトン・カッチャー 渋谷茂
ケイリー エイミー・スマート 大坂史子
トミー ウィリアム・リー・スコット 勝杏里
レニー エルデン・ヘンソン 鶴岡聡
アンドレア メローラ・ウォルターズ 玉川砂記子
ジョージ エリック・ストルツ 成田剣

別エンディングについて[編集]

公開版とは異なるエンディングが3通り存在する。レンタルDVDにはラストカットのみ異なる2つのバージョン、セルDVDには全く別のエンディングで終わるディレクターズカット版が封入されている。

スタッフ[編集]

  • 監督・脚本:エリック・ブレス/J・マッキー・グラバー
  • 製作:クリス・ベンダー 他
  • 製作総指揮:トビー・エメリッヒ/リチャード・ブレナー/アシュトン・カッチャー 他
  • 撮影:マシュー・F・レオネッティ
  • 音楽 = マイケル・サビー
  • 編集:ピーター・アマンドソン
  • 主題歌:オアシス "Stop Crying Your Heart Out"
  • 日本語版演出:鍛治谷功

新バタフライ・エフェクト[編集]

今後に本作のリブートリメイク作品が制作される予定である[2][3]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]