バタク・カロ語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
バタク・カロ語
Bahasa Karo
話される国  インドネシア
地域 北スマトラ州カロ県
話者数 60万人
言語系統
オーストロネシア語族
表記体系 ラテン文字バタク文字
言語コード
ISO 639-1 なし
ISO 639-3 btx
テンプレートを表示

バタク・カロ語 (Batak Karo) はインドネシアスマトラ島で使用されているオーストロネシア語族に属する言語である。スマトラ島の中部および北部地域で、約60万人に話されている。 古代インドのブラーフミー文字を起源とするバタク文字を使用している。

方言[編集]

  • シンキル方言 Singkil (btx-sin)

脚注[編集]

[脚注の使い方]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]