バス規制緩和 (英国)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

バス規制緩和(バスきせいかんわ)は、イギリスにおいて1986年10月26日に施行された政策。

保守党サッチャー政権下において、バス白書の交通政策1985の英国における路線バスの規制緩和策を元に実行された。1930年代に始まって以来がんじがらめだった路線バスの運行に新規参入を認め、市場原理を働かせるようにした。

効果[編集]

競争原理が働き、競争力のある運行会社による寡占化が進み、需要の少ない不採算路線では減便された。 [1]

バス戦争[編集]

バス戦争は1986年バス規制緩和により競合各社が業務地域を巡って争った。

出典[編集]

  1. ^ http://news.bbc.co.uk/1/hi/england/manchester/4871214.stm