バス停留所 (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
バス停留所
Bus Stop
Bus Stop trailer screenshot 1.jpg
監督 ジョシュア・ローガン
脚本 ジョージ・アクセルロッド
原作 ウィリアム・インジ
製作 バディ・アドラー
出演者 マリリン・モンロー
ドン・マレー
音楽 ケン・ダービー
シリル・J・モックリッジ
アルフレッド・ニューマン(指揮)
撮影 ミルトン・クラスナー
編集 ウィリアム・H・レイノルズ
製作会社 20世紀フォックス
配給 20世紀フォックス
公開 アメリカ合衆国の旗 1956年8月31日
日本の旗 1956年11月21日
上映時間 96分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

バス停留所』(バスていりゅうじょ、Bus Stop)は、劇作家ウィリアム・インジの舞台劇を原作とする1956年アメリカ映画である。

ストーリー[編集]

モンタナの牧場で生まれ育った世間知らずのカウボーイ青年ボー(ドン・マレー)はロデオ大会に参加するために、付き添いのヴァージル(アーサー・オコンネル)とともに、フェニックスアリゾナ州)にやってくる。生まれて初めて都会にやって来たボーは、酒場の歌手シェリー(マリリン・モンロー)に一目惚れ、強引に結婚を決めてしまう。嫌がるシェリーの言葉に全く耳を貸さない傍若無人なボーを恐れたシェリーは慌てて逃げ出すが、ボーに無理矢理モンタナ行きのバスに乗せられる。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え
テレビ東京 NHK総合
シェリー(チェリー) マリリン・モンロー 向井真理子 冨士眞奈美
ボー・デッカー ドン・マレー 橋本功 愛川欽也
ヴァージル・ブレッシング アーサー・オコンネル 山内雅人 早野寿郎
グレース ベティ・フィールド 林洋子
ヴェラ アイリーン・ヘッカート
カール ロバート・ブレイ 阪脩 小林修
エルマ・ダックワース ホープ・ラング 幸田直子 富田千代美
  • テレビ東京版吹替:初回放送1981年1月1日 『木曜洋画劇場』 ※DVD&BD収録
  • NHK総合版吹替:初回放送1967年12月31日 『劇映画』

備考[編集]

セックスシンボルのイメージを脱したかったマリリン・モンローが、ニューヨークアクターズ・スタジオで演技のレッスンを受け、いくつかの舞台を経験した後に、ハリウッド復帰した作品であり、ゴールデングローブ賞 主演女優賞 (ミュージカル・コメディ部門)にノミネートされた。因みに同賞は、その後1959年の映画『お熱いのがお好き』で受賞している。

ドン・マレーとホープ・ラングの2人とっては共に映画デビュー作であり、この映画の公開前の1956年4月14日に2人は結婚している(1961年7月7日に離婚)[1]

参考文献[編集]

  1. ^ Hope Lange - Biography” (英語). IMDb. 2013年4月18日閲覧。

外部リンク[編集]