バスブーサ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
バスブーサ
Basboosa.jpg
クルミを載せたバスブーサ
種類 デザート
発祥地 トルコ
地域 中東
主な材料 セモリナ穀粉, シロップ
テンプレートを表示

バスブーサ (トルコ語: revani/ravani, アラビア語: بسبوسة ‎)は、アラビア料理で伝統的なケーキである[1]セモリナ穀粉シロップに漬けて作る。ココナッツが良く和えられる。シロップには大抵オレンジフラワーウォーターローズウォーターを加える。トルコを中心にオスマン帝国の領土だった国や地域で、食されている料理である。

名前[編集]

アーモンドを載せたバスブーサ

バスブーサは言語によって色々な呼称がある:アラビア語では بسبوسة basbūsah, هريسة harīsa, nammoura (レバノン[2]), アルメニア語では Շամալի shamali, トルコ語では revani/revani (ペルシア語由来[3])そして、ギリシア語では ραβανί や ρεβανίと表記されている。

地中海東部諸国の料理では、多くの料理で違った名前で登場する。エジプト料理ではマモーニア(ma'mounia)という名の料理で登場する。ギリシャ南部ではラバニ(ravani)と呼ばれ、北部ではレバニ(revani)と呼ばれている。マグリブアレクサンドリアヨルダンではしばしばハレーサ(hareesa)と呼ばれている。バスブーサは、コプト正教会の間では、大斎のような断食の修行や降誕祭のようなベジタリアンにおいて特に人気のあるデザートとなっている。

パスチューシャ(Pastūsha)について[編集]

2010年代にクウェートでは、パスチューシャ(PastūshaPastūçhaとも表記される)と呼ばれるバスブーサの一種である料理が発明された。バスブーサと同様、セモリナをシロップに漬けて作り、ピスタチオとオレンジフラワーウォーターを加えた物である。

関連項目[編集]

脚注・出典[編集]

  1. ^ The Recipes of Africa. p. 241. http://books.google.com/books?id=FJxlWwrVcKcC&printsec=frontcover#v=onepage&q&f=false 2014年12月6日閲覧。. 
  2. ^ Taste of Beirut: Citrus muffins (Nammoura)”. 2014年7月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年12月6日閲覧。
  3. ^ Nishanyan - Turkish etymological dictionary: Revani”. 2014年12月6日閲覧。(トルコ語)
  • Alan Davidson, 『Oxford Companion to Food』(1999年

外部リンク[編集]