バスの日

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

バスの日(バスのひ)は、日本で最初にバスが走った日を記念する記念日9月20日

制定[編集]

日本で最初のバスの運行は、京都市(堀川中立売 - 七条 - 祇園)で二井商会(福井九兵衛坪井清兵衛という苗字に井が入った二人によって創業)により蒸気自動車を改良した乗合自動車で、1903年明治36年)9月20日に始まった[1]。ただし、1904年明治37年)1月経営破綻で営業を終えている。

しかし、この車は定員が6名(運転手助手乗客4名)と少なかったため、1905年明治38年)1月に広島で運行開始されたものを日本初とする意見もある[2][3]。こちらはバスそのものの不備、馬車事業者からの反対などで、同年9月に事業を辞めている。9月20日になったのは、京都の例は営業免許証の交付されたものに、はっきりと日付が残っているためである。

その後、1987年昭和62年)10月の全国バス事業者大会でこれを記念して、「いつでも、どこでも、みんなのバス」をテーマに、9月20日をバスの日に定めた。

イベント[編集]

2009年から、日本バス協会が毎年9月ごろに「バスフェスタ」を開催している。また、この日の前後に全国の公営・民間を問わずバス事業体では、さまざまな催しが行われる。試乗会一日乗車券の販売などが中心である。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]