バクー=トビリシ=カルス鉄道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
バクー=トビリシ=カルス鉄道
Baku-Tbilisi-Kars Railway
Baku-Tbilisi-Kars Railway Map.svg
基本情報
アゼルバイジャンの旗 アゼルバイジャン
ジョージア (国)の旗 ジョージア
トルコの旗 トルコ
所在地 バクートビリシカルス
種類 国際列車
開業 2017年10月30日[1][2]
詳細情報
総延長距離 826km[1]
テンプレートを表示

バクー=トビリシ=カルス鉄道ロシア語: Железная дорога Баку — Тбилиси — Карсアゼルバイジャン語: Bakı-Tbilisi-Qars dəmiryolu xəttiグルジア語: ბაქო-თბილისი-ყარსის რკინიგზაトルコ語: Bakü-Tiflis-Kars demiryolu hattı英語: Baku–Tbilisi–Kars: BTK または Baku-Tbilisi-Akhalkalaki-Kars railway: BTAK)は、アゼルバイジャンジョージアトルコの3カ国を通る鉄道路線国際列車)。2017年10月30日に開業した[1][2]。総延長距離は826kmであり、既存路線に加えて105kmの新線が建設された[1]

歴史[編集]

開業前の2012年に発行されたジョージアの切手

この国際列車プロジェクトの主な目的は、アゼルバイジャンジョージアトルコ3国間の経済関係を改善し、ヨーロッパアジアを結ぶことで国外からの直接投資を得ることである[3]アルメニアの一部の論者はこの国際列車プロジェクトについて、アゼルバイジャンが地域経済プロジェクトからアルメニアを孤立させる試みであると指摘している[4][5]。とはいえ、アルメニアとアゼルバイジャンはナゴルノ・カラバフの帰属をめぐって緊張状態にあるため、アルメニアを通過するルートは政治的に不可能だった。

Samuel Lussacは「(このプロジェクトは)アゼルバイジャン=ジョージア=トルコ間の地域協力にいっそう貢献するだろうが、「南コーカサスにおけるアルメニアの疎外についても新たな局面に至るだろう」と指摘している[6]。アゼルバイジャンのイルハム・アリエフ大統領は、2005年に「もしこのプロジェクトが成功すれば、アルメニア人は完全に孤立し、さらなる問題が発生するだろう」と述べた[5]

この路線はもともと2010年に開業する予定だったが[7]、2013年[8]、2015年[9]、2016年[10]と開業予定時期は遅れ、2016年2月におこなわれた第5回三国間外務大臣会合で2017年開業と発表された[11]。2017年9月27日にはトビリシアハルカラキ間で初めて旅客列車による試験走行が行われた[12]。10月30日にはアゼルバイジャンのアリエフ大統領が主催する開業記念式典が開催された[13][12]

説明[編集]

トルコ領土に76km、ジョージア領土に29km、計105kmの新線が建設された。ジョージアのアハルカラキからマラブダ英語版間、またジョージアのトビリシからアゼルバイジャンのバクー間の既存路線も改良された[7]。総延長は826kmに達する[1]

ジョージアとアゼルバイジャンは自国内の鉄道路線に1520mmの広軌を採用しており、アハルカラキ=トビリシ=バクー間の既存路線の軌間は変更されていない[14]。ジョージア領土の新路線区間(アハルカラキからトルコ国境のカルツァヒまで)や、トルコ領土(カルツァヒからカルスまで)は、トルコ国内で採用されている標準軌で建設された[14]

総投資額は、広軌と標準軌の積み替え施設の整備、既存鉄道の改修を含め10億ドル以上とみられる。年間輸送能力は、当初が貨物650万トン、旅客100万人。トルコ政府は2034年に貨物1700万トン、旅客300万人への拡大を見込んでいる。このBKT鉄道は単に3国間の輸送だけにとどまらず、バクー港とカスピ海対岸のアクタウ港(カザフスタン)やトルクメンバシ港(トルクメニスタン)を結ぶ鉄道フェリーにより、中央アジアと欧州を結ぶ物流を担う。開業式典にはカザフスタンのサギンタエフ首相ウズベキスタンのアリポフ首相らも参加。2017年11月15日には、アフガニスタンを含む中央アジア5カ国がBTK鉄道へ接続する物流網整備に関する協定を結んだ[15]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e Azerbaijan, Georgia, Turkey launch 'Silk Road' rail link”. ロイター (2017年10月30日). 2017年11月3日閲覧。
  2. ^ a b Baku-Tbilisi-Kars (BTK) railway track becomes operational to carry Chinese goods to Europe”. Dispatch News Desk (2017年10月30日). 2017年11月3日閲覧。
  3. ^ Baku-Tbilisi-Kars Line”. International Railway Technology. 2017年11月3日閲覧。
  4. ^ Hakobyan, Tatul (2005年9月1日). “New Railway to Prolong Armenia's Blockade”. Azg. 2017年11月3日閲覧。
  5. ^ a b Danielyan, Emil. "House Panel Blocks U.S. Funding For ‘Anti-Armenian’ Rail Link." RFE/RL. 2006年6月15日
  6. ^ Lussac, Samuel (2008年秋). “The Baku-Tbilisi-Kars Railroad And Its Geopolitical Implications for the South Caucasus”. 2017年11月3日閲覧。
  7. ^ a b “Kars - Tbilisi agreement”. Railway Gazette International. (2007年2月). http://www.railwaygazette.com/news/single-view/view//kars-tbilisi-agreement.html. 
  8. ^ Azerbaijani Vice Prime Minister Abid Sharifov”. News AM (2010年10月13日). 2017年11月3日閲覧。
  9. ^ Railway to link Kars, Tbilisi, Baku in 2015, BAKU”. Anadolu Agency. 2017年11月3日閲覧。
  10. ^ Passenger Trains for Baku-Tbilisi-Kars Railway to Launch 2016”. Georgia Today. 2017年11月3日閲覧。
  11. ^ Completion of Baku–Tbilisi–Kars Railway Project Postponed Again”. Eurasia Daily Monitor. 2017年11月3日閲覧。
  12. ^ a b “Baku-Tbilisi-Kars Railway Line Officially Launched”. Radio Free Europe/Radio Liberty. (2017年10月30日). https://www.rferl.org/a/baku-tbilisi-kars-railway-line-officially-launched-azerbaijan-georgia-turkey/28824764.html 2017年10月31日閲覧。 
  13. ^ Will the Baku–Tbilisi–Kars Railway Become Uzbekistan’s New Connection to Europe?”. Jamestown (2017年10月16日). 2017年11月3日閲覧。
  14. ^ a b Станцию Ахалкалаки в Грузии спроектируют в Азербайджане” (Russian). Interfax (2009年11月17日). 2017年11月3日閲覧。
  15. ^ カフカス・中央ア地域/BTK鉄道物 流の光に/欧州向け輸出増狙う 鉄道収入で脱資源偏重も『日経産業新聞』2017年11月20日(グローバル面)。この記事ではBTK鉄道の総延長を829kmとしている。

関連項目[編集]