バクチノキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
バクチノキ
バクチノキ Prunus zippeliana
バクチノキ Prunus zippeliana
分類
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
階級なし : コア真正双子葉類 core eudicots
: バラ目 Rosales
階級なし : バラ類 rosids
: バラ科 Rosaceae
亜科 : サクラ亜科 Prunoideae
: サクラ属 Prunus
: バクチノキ P. zippeliana
学名
Prunus zippeliana
和名
バクチノキ

バクチノキ(博打の木、学名:Prunus zippeliana)は、バラ科の常緑高木。別名、ビランジュ(毘蘭樹)。

分布[編集]

関東以西の本州四国九州沖縄の暖地に生育する。 

形態[編集]

樹皮は灰白色で、絶えず古い樹皮が長さ数10cm程度のうろこ状に剥がれ落ち、黄赤色の幹肌を現す。本種の名は、これを博打に負けて衣を剥がれるのにたとえたことに由来する。

葉は10~20cmの長楕円形で深緑色。縁には鋭鋸歯洋紙状革質。葉柄の上部に一対のがある。秋、径6mmの白色の五弁花を葉腋に出る短い花穂に密につける。果実は黒紫色で、翌年初夏に成熟する。

人間とのかかわり[編集]

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ |東邦大学薬学部|薬用植物園|薬木園|バクチノキ|
  2. ^ 恩山寺のびらんじゅ - 徳島県観光情報サイト『阿波ナビ』 2019年4月25日閲覧

関連項目[編集]