バガヴァン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
仏教用語
バガヴァン
パーリ語 Bhagavā
サンスクリット語 Bhagavān
中国語 薄伽梵
日本語 世尊
テンプレートを表示

バガヴァンBhagavān,भगवान्, Bhagavān; BhagavāBhagwanとは、インド発祥の宗教において宗教的尊者を呼称する形容語句である。ヒンドゥー教では神々(deity)やアヴァターラを指し、とりわけインドでは、ヴァイシュナヴィズムではヴィシュヌの化身としてのクリシュナを、シャイヴァヴィズムではシヴァを指している。

仏教では、仏典中にて釈迦を指す言葉として使われており、BhagavāBhagavān世尊などと表記される[1]。バガヴァンという言葉は上座部仏教大乗仏教密教の仏典中にも見られる[2][3]

ヒンドゥー教[編集]

仏教[編集]

パーリ仏典[編集]

世尊は、釈迦仏の10種の称号(十号)のひとつである。パーリ仏典では、釈迦は比丘たちに以下のように呼び掛けたと記されている。

Itipi so bhagavā arahaṃ sammāsambuddho vijjācaraṇasampanno sugato lokavidū anuttaro purisadammasārathi satthā devamanussānaṃ buddho bhagavā"ti

それゆえ、世尊は、応供、正等覚、明行足、善逝、世間解、無上士、調御丈夫、天人師、仏世尊なり。

脚注[編集]

  1. ^ Ju-Hyung Rhi (1994), From Bodhisattva to Buddha: The Beginning of Iconic Representation in Buddhist Art, Artibus Asiae, Vol. 54, No. 3/4, pages 207-225
  2. ^ John Campbell (2009), Vajra hermeneutics: A study of Vajrayana scholasticism in the "Pradipoddyotana", PhD Thesis accepted by Columbia University (Advisor: Robert Thurman), page 355
    Christian K. Wedemeyer, Aryadeva's Lamp that Integrates the Practices (Caryamelapakapradlpa): The Gradual Path of Vajraydna Buddhism According to the Esoteric Community Noble Tradition, ed. Robert A. F. Thurman, Treasury of the Buddhist Sciences series (New York: The American Institute of Buddhist Studies at Columbia University, 2007), 978-0975373453
  3. ^ Peter Harvey, Buddhism, Bloomsbury Academic, 978-0826453501, page 4

関連項目[編集]