バガテル・バラ園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
バラ園全体の眺め
アメリカン・ピラーのアーチ

バガテル・バラ園 (バガテル・バラえん、La Roseraie de Bagatelleロズレ・ド・バガテル)は、フランスパリブローニュの森にあるバガテル公園fr)内のバラ園。フランス有数の規模と歴史を持つ。造園家ジャン=クロード・ニコラ・フォレスティエによって1905年につくられ、現在はパリ市当局が運営している。毎年6月、バラ新品種の国際品評会が開催される。

このバラ園は国内5箇所あるバラ・コレクションを擁する庭園の1つで、植物および庭園、植物遺産保全のための全国協議会(fr、略称CCVS)によって国立コレクションと讃えられている[1]

バガテル・バラ園には、1100種におよぶおよそ9500本のバラが植えられている。

脚注[編集]

  1. ^ Roses de Bagatelle, ville de Paris, p. 2. (PDF) [リンク切れ]

外部リンク[編集]