バカマツタケ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
バカマツタケ
Bakamatsutake.jpg
分類
: 菌界 Fungi
: 担子菌門 Basidiomycota
: 真正担子菌綱 Homobasidiomycetes
: ハラタケ目 Agaricales
: キシメジ科 Tricholomataceae
: キシメジ属 Tricholoma
亜属 : キシメジ亜属 Subgen. Tricholoma
: マツタケ節 Sect. Genuina
: バカマツタケ T. bakamatsutake
学名
Tricholoma bakamatsutake
(Hongo1974)[1]
和名
バカマツタケ (馬鹿松茸)

バカマツタケ(馬鹿松茸)、学名 Tricholoma bakamatsutakeハラタケ目キシメジ科キノコマツタケに酷似するが、松林ではなく雑木林に生えることや、やや発生時期も早いので馬鹿なマツタケということからこの名がある。学名にも和名ローマ字綴りが採用されている。

分布[編集]

日本(全土)、中国ニューギニア[2]

特徴[編集]

マツタケによく似るが、やや小さく全体的にやや赤みを帯びている。またマツ林ではなく、ミズナラコナラウバメガシなどの広葉樹林で発生する[3]。傘の直径は4-10cm、柄の長さは6-10cm、胞子は5.5-7.0 × 4.5-5.5µm、香りはマツタケよりも強い[4]。食用。

人との関係[編集]

「さまつ」と呼び珍重する地域もある。また、マツタケに似ていることから、「ニタリ(似たり)」とも呼ばれ、高い経済的価値が期待されている[5]

日本においては本種は、農林水産省による2015年度「高級菌根性きのこ栽培技術の開発」委託事業の研究対象とされてきた。この事業の成果として、2018年に奈良県森林技術センター森林総合研究所が林内での人工的な子実体発生に成功した[6][7]

出典[編集]

  1. ^ Hongo T. (1974). “Notes on Japanese larger fungi (21)”. Journal of Japanese Botany 10: 294–305. 
  2. ^ 佐久間大輔 (2015) バカマツタケ in 京都府レッドデータブック 2015 京都府環境部自然環境保全課
  3. ^ “The host ranges of conifer-associated Tricholoma matsutake, Fagaceae-associated T. bakamatsutake and T. fulvocastaneum are wider in vitro than in nature”. Mycologia 106 (3): 397–406. (2014). doi:10.3852/13-197. PMID 24871598. 
  4. ^ 今関六也・大谷吉雄・本郷次雄(編・解説)他 (1988). 山渓カラー名鑑 日本のキノコ. 山と渓谷社. pp. 623 (p.84-85). ISBN 4635090205. 
  5. ^ 河合昌孝、今埜実希、山中高史 ほか、バカマツタケの菌糸伸長および胞子形成への窒素源の影響 日本森林学会大会発表データベース 第123回日本森林学会大会 セッションID: Pa211, doi:10.11519/jfsc.123.0.Pa211.0
  6. ^ 日本農業新聞 2018年2月27日
  7. ^ 森林総合研究所プレスリリース(2018年2月27日) PDF

外部リンク[編集]