バカチョン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

バカチョンとは、主にオートフォーカス機能付きコンパクトカメラの俗称として1980年代ぐらいまで使われた日本語「バカチョンカメラ[注釈 1]の前半部。後述の経緯により現在は放送禁止用語となっている。

意味と用法[編集]

「ちょん」とは「『半人前』や『取るに足らない人』のことを、芝居の終わりに打つ拍子木の音になぞらえた言葉」であったとされる。「大辞林 第二版」は、「ちょん」の用例として、近世の明治時代の小説、「西洋道中膝栗毛」から、『ばかだの、ちょんだの』と言う記述を引用している。

「バカチョンカメラ」という言葉は日本語としても語呂がよくインパクトの強い表現であったため、口語のみならず活字表現としても広く使用され、コンパクトカメラ全体を指す代名詞となった[1]。また一般用語として広まる過程において、「馬鹿でもチョンとシャッターを押せば撮れる」「馬鹿でも(差別対象である)朝鮮人でも撮れる」など、元々の意味とは異なるさまざまな解釈が誕生し、現在に至っている。

ばかちょんカメラは、従来カメラと縁遠かった女性や子供を販売の対象としており、かつて高嶺の花であったカメラを、安い値段で、いつでもどこでも誰でも簡単に撮影できるものとした商品であった。こうした事情から、単に見下した侮蔑語ではなく、コンパクトカメラに対する親しみも込められていたと考えられる。

差別表現とされた経緯[編集]

「バカチョン」という言葉がマスコミ各社で、いつから自粛されるようになったのかははっきりしていないが、「バカチョンカメラ」という語に対し差別表現であるとマスメディア等が抗議を受けた例としては、1975年2月にエジプトから帰国した三笠宮崇仁親王がNHKにて「バカチョンカメラをもってゆくべきだった」と語った際のものが古い[2]。もともと朝鮮人を表す差別用語としての「チョン」という語が存在していたために「馬鹿な朝鮮人でも」「馬鹿でも朝鮮人でも」という差別的な意味と混同されて認識されることも多く、少なくとも2000年代前半には自粛されるようになっていったと考えられる。NHKによって発表された「NHKの考える放送可能用語」に民放各社が追従するようになった2008年以降の日本では、特に放送業界において反射的に放送禁止用語となり、廃語になっている。

1992年には、西村京太郎作品に「バカチョンカメラ」という表現があると、全国在日朝鮮人教育研究協議会(現全国在日外国人教育研究協議会)広島が抗議したことにより光文社講談社発行の書籍が回収され、改訂版で謝罪文を掲載した[3][4]

三省堂が発行する新明解国語辞典では、1981年2月1日に発行された第3版では見出し語として「ばかちょんカメラ」が存在したが、2011年に発行された第7版では既に見出し語からなくなっている。

また、高度な技能及び知識を必要とせず、簡単便利に使えることを意味する語としての利用例を見つけることができる[5][6]

脚注[編集]

注釈[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 三省堂新明解国語辞典 第三版』では「ばかちょんカメラ」と表記されている。

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 木村伊兵衛「バカチョン・カメラの可能性 (《写真についての写真》展に向けて)」『美術手帖』第382号、美術出版社、1974年6月、 154-155頁、 ISSN 02872218NAID 40003237766
  2. ^ 「バカチョン」は江戸時代からあった、なぜ放送禁止用語となったのか”. ダイヤモンド・オンライン. 2020年2月15日閲覧。
  3. ^ 趙凌梅 (2016年9月26日). “日本語における差別語概念の変遷 ―1960年代以降の差別語問題から考える― (PDF)” (日本語). 東北大学機関リポジトリ TOUR:TOhoku University Repository. 東北大学附属図書館総務課学術情報基盤係. p. 108(116). 2019年10月21日閲覧。
  4. ^ 堀田貢得『実例・差別表現:あらゆる情報発信者のためのケーススタディ』ソフトバンククリエイティブ、東京、2008年5月、201頁(日本語)。ISBN 9784797346619
  5. ^ 野寺隆「数値解析の道具箱(数値解析と科学計算)」『数理解析研究所講究録』第717号、京都大学数理解析研究所、1990年3月、 178-187頁、 ISSN 1880-2818NAID 110006277956
  6. ^ 中川利三郎「「バカチョン」農政に決着つける (各党政策と反共的逆流の批判<総選挙特集>) -- (冷害の地・東北から)」『前衛』第403号、日本共産党中央委員会、1976年12月、 214-218頁、 ISSN 13425013NAID 40002191541

関連項目[編集]