バウアンルーレット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

バウアンルーレット: Bauernroulette)は、ドイツで考案されたらしいゲームである。複数の会社から販売されている。チロリアンルーレットという商品名でも知られている。バウアンルーレットという名前は、これが「貧乏人のルーレット」であることを示している。バウアー(Bauer)とは、ドイツ語で「農民」、「農業従事者」、「主にヨーロッパの農業労働者階級の一人」を意味する[1]。バウアンルーレットでは、6個の木製のボールが入った木製の円形のプレイ面の中央で、独楽が回転する。ボールはランダムな方向に跳ね返り、表面にあるいくつかの中空のくぼみの中に入ったり、小さな穴を通って回転面の外にある部屋に入ったりする。一般的には、この外側の部屋にボールを入れることで最も多くの得点が得られる。熟練したプレイヤーは、30秒以上動き続けるようにコマを回転させることができる。

古いバージョンのゲームの画像。新しいバージョン(インターネットで入手可能)は、八角形の形をしており、外側に4つではなく8つの「ボウル」がある。

ルール[編集]

  1. 6個のボール(白4個、赤1個、緑1個)を競技場の中央に置く。
  2. その近くに独楽を置き、回転させる。
  3. ボールは小さなくぼみやボウルに向かって打たれる。
  4. ボールが入ったくぼみやボウルには、それぞれポイントが設定されている。ボールが留まったくぼみのポイントをそれぞれ加算する。
  5. もし赤いボールがくぼみに入っていたら、そのボールのポイント数は2倍になる。
  6. 緑のボールがくぼみに入っていた場合は、他の5つのボールで得た合計からポイントを引く。
  7. ボールが競技面から飛び出すことがある。これらのボールはそのラウンドではアウトとなり、コマが回転している間は交換できない。
  8. 6個のボールをすべてを得点したプレイヤーは、もう一度コマを回すことができる。
  9. 勝者は、ゲーム前に合意したポイント数に先に到達したプレイヤーとなる。通常、この合計点は1000点である[2]

別ルール[編集]

緑と白のボールで得点した場合、赤のボールでも得点した場合のみ有効と規定することもできる[3]

出典[編集]

  1. ^ Archived copy”. 2008年11月26日閲覧。
  2. ^ CasinoObserver - Bauernroulette. Retrieved 2013-01-07.
  3. ^ Interroulette.co.uk - Bauernroulette Archived May 7, 2013, at the Wayback Machine.. Retrieved 2013-01-07.

関連項目[編集]