バイタロジー (生命学) (アルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
バイタロジー (生命学)
パール・ジャムスタジオ・アルバム
リリース
録音 1993年11月~1994年10月
at Bad Animals Studio
Southern Tracks Recording and Doppler
Kingsway Studios
ジャンル オルタナティヴ・ロック
グランジ
実験音楽
時間
レーベル Epic
プロデュース ブレンダン・オブライエン
パール・ジャム
専門評論家によるレビュー
パール・ジャム 年表
Vs.
(1993年)
バイタロジー (生命学)
(1994年)
ノー・コード
(1996年)
テンプレートを表示

バイタロジー (生命学)』 (原題: Vitalogy) は、アメリカのロック・バンド、パール・ジャムの3rd アルバム。

プロデューサーはブレンダン・オブライエン。それまでの作風と大きく異なり、パンク的手法を中核に据えた上で、音楽的な表現の豊かさもみせている。このアルバムは当初はビニール盤が発売され、2週間遅れてCDおよびカセットテープが発売されるという異例のリリース形態が採られた。作中にもCDを否定しビニール盤を推奨する内容の曲がある。また、このアルバムにはカート・コバーンの死が影響していると評されているが、メンバーは「彼の死を利用するつもりはない」とそれを否定する見解も示している。

本作は発売初週にビニール盤のみで3万4千枚を販売し[1]ビルボード200チャートで55位に初登場した。なお、この3万4千という数字は2014年ジャック・ホワイトのアルバム「ラザレット」に抜かれるまでは過去最高のビニール盤の週間売上枚数であった。2週間後にはCDとカセットがリリースされ、同週に87万7千枚を売り上げて1位を獲得した[2]

また、本作は『ローリング・ストーン誌が選ぶオールタイム・ベストアルバム500』に於いて、485位にランクインしている[3]

収録曲[編集]

# タイトル 作詞 作曲 時間
1. 「Last Exit」 Vedder Abbruzzese, Ament, Gossard, McCready, and Vedder
2. Spin the Black Circle Vedder Abbruzzese, Ament, Gossard, McCready and Vedder
3. Not for You Vedder Abbruzzese, Ament, Gossard, McCready and Vedder
4. Tremor Christ Vedder Abbruzzese, Ament, Gossard, McCready and Vedder
5. Nothingman Vedder Ament
6. 「Whipping」 Vedder Abbruzzese, Ament, Gossard, McCready and Vedder
7. 「Pry, To」 Vedder Abbruzzese, Ament, Gossard, McCready and Vedder
8. Corduroy Vedder Abbruzzese, Ament, Gossard, McCready and Vedder
9. 「Bugs」 Vedder Abbruzzese, Ament, Gossard, McCready and Vedder
10. 「Satan's Bed」 Vedder Gossard
11. Better Man Vedder Vedder
12. 「Aye Davanita」 Vedder Abbruzzese, Ament, Gossard, McCready and Vedder
13. Immortality Vedder Abbruzzese, Ament, Gossard, McCready and Vedder
14. 「Hey Foxymophandlemama, That's Me」(Also known as "Stupid Mop") Vedder Ament, Gossard, Irons, McCready and Vedder


Recorded at:
Bad Animals Studio - Seattle, Washington
Southern Tracks Recording and Doppler, Atlanta, Georgia
Kingsway Studios, New Orleans, Louisiana
Produced by: Brendan O'Brien & Pearl Jam

レコーディング・メンバー[編集]

参加ミュージシャン[編集]

  • Jimmy Shoaf (Drums on "Satan's Bed")
  • Brendan O'Brien (Pipe Organ, Hammond Organ)

スタッフ[編集]

  • Brendan O'Brien (Produce, Recording, Mixing)
  • Nick DiDia (Engineering)
  • Brett Eliason (Mixing on "Hey Foxymophandlemama, That's Me")
  • John Burton, Caram Costanzo, Adam Kasper, Kevin Scott, Trina Shoemaker (Assistant Engineers)
  • Lance Mercer (8-Baby Photo)
  • Joel Zimmerman (Art Direction)
  • Barry Ament (Layout)

脚注[編集]