バイゾーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
1945以後のドイツの占領区域

バイゾーン (Bizone) または バイゾニア (Bizonia) は、第二次世界大戦後の占領下のドイツにおけるアメリカ合衆国イギリスによる連合国による占領区域である。後にフランスの占領区域を加えてトライゾーンドイツ語版 (Trizone) 、トライゾニア (Trizonia) もしくはウェストゾーンドイツ語版 (Westzone) になった。1949年、トライゾーンはドイツ連邦共和国(通称西ドイツとして知られる)になった。

1946年ソビエト連邦ドイツの東側から工業化の進んだ西部への農産物の輸送を停止した。対抗策としてアメリカの軍の管理者であるルシアス・クレイドイツ語版英語版(Lucius D. Clay)はルール地方からソビエト支配地域への電力の供給を停止した。その結果、ソビエト連邦はアメリカの政策に反対する宣伝運動を展開して4つの地域に妨害を始めた。

アメリカとイギリスは、自らの占領地域に1947年1月1日「バイゾーン」を設け、ドイツ西部に新しい政治秩序の構築を要求した。これが、ドイツが東ドイツ西ドイツへ分断される最初の段階となった。

英国軍の展開[編集]

アメリカ軍の展開[編集]

外部リンク[編集]