バイクの森おがの

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Japanese Map symbol (Museum) w.svg バイクの森おがの
Bikenomori2.jpg
施設情報
正式名称 バイクの森おがの
専門分野 オートバイ
管理運営 (株)バイクの森
開館 2009年5月2日
閉館 2010年9月30日
所在地 368-0103
埼玉県秩父郡小鹿野町般若360-1
位置 北緯36度0分21.4秒 東経139度1分51.1秒 / 北緯36.005944度 東経139.030861度 / 36.005944; 139.030861座標: 北緯36度0分21.4秒 東経139度1分51.1秒 / 北緯36.005944度 東経139.030861度 / 36.005944; 139.030861
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示

バイクの森おがの(バイクのもりおがの)は、かつて存在した日本博物館。世界の希少なオートバイを展示する民間の博物館であった。

概要[編集]

株式会社バイクの森
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
203-0044
東京都東久留米市柳窪3-2-35
設立 2009年1月
業種 サービス業
法人番号 9012701011010 ウィキデータを編集
事業内容 オートバイ博物館の運営
代表者 破産管財人 番場弘文
資本金 300万円
テンプレートを表示

埼玉県秩父郡小鹿野町が取り組む「オートバイによるまちおこし事業」の中心的事業として誘致され、2008年12月に閉館した町営温泉「クアパレスおがの」の施設を利用して2009年5月2日に開館した。1920年代 - 1990年代の世界的にも希少なオートバイ、約130台を常時展示し、施設内には「クアパレスおがの」より引き継がれた温泉「般若の湯」が併設されたほか、レストランやミュージアムショップも営業していた。駐車場や隣接する般若の丘公園の一部を使って、オーナーズクラブミーティングやバイク雑誌のイベントなどにも利用された。2010年9月30日をもって閉館[1]

運営会社であった株式会社バイクの森は、閉館後は本社を親会社である有限会社トマトモータース(ドゥカティビモータのディーラーを運営)の本社所在地へ移転したが、トマトモータースが2018年1月9日に東京地方裁判所立川支部から破産手続開始決定を受け[2]、バイクの森も2018年1月15日にトマトモータースへ連鎖する形で東京地方裁判所立川支部から破産手続開始決定を受けた[1]

旧クアパレスおがの[編集]

バイクの森おがのの前身施設であった旧クアパレスおがのは、小鹿野町営による日帰り温泉施設であった。旧クアパレスおがのにおける顕著な特徴として水着の着用を前提とした男女の混浴が可能であったことがあげられる。そして、旧クアパレスおがのは、水着を持参しなかった者に対して水着を貸与していた。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b TSR速報 (株)バイクの森東京商工リサーチ 2018年1月29日
  2. ^ TSR速報 (有)トマトモータース東京商工リサーチ 2018年1月17日

外部リンク[編集]