バイオニクルの登場キャラクター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
バイオニクル > バイオニクルの登場キャラクター

本項では、レゴ社が製造販売していた玩具シリーズ『バイオニクル』に登場する架空のキャラクターについて記述する。

本項で用いられる専門用語に関してはバイオニクル#用語・アイテムを参照。

グレートスピリット/Great Spirit[編集]

マタ・ヌイ/Mata Nui
マトラン・ユニバース」の部族主神。マトランを世界に齎し、「団結・義務・宿命」の3つの美徳を授けた。
性格は常に冷静沈着。
崇拝される彼を妬んだテリダックスによって呪いを受け、永遠の眠りにつかされてしまう。

ヴィランズ[編集]

ブラザーフッド・オブ・マクータ/Brotherhood of Makuta[編集]

テリダックス/Teridax
ブラザーフッドの首領。自らを「マクータ」と名乗る。
ミセリックス/Miserix
ブラザーフッドの元首領。
イカラックス/Icarax
ミュートラン/Mutran
トライダックス/Tridax
コジョル/Kojol
アントローズ/Antroz
ヴァンプラー/Vamprah
キーロックス/Chirox
クリカ/Krika
ゴーラスト/Gorast
バイティル/Bitil

ボロック/Bohrok[編集]

他のキャラクターと違い同じ名前のボロックが複数存在することになっていて、複数の媒体で同じボロックが数体から数十体以上の群れで襲ってくるシーンが描かれている。能力は基本的に同じ色のトーアと似ているが、例外もある。

本体は頭の中に収納されたクラナという仮面のような生物で、これを取られるとボロックは動かなくなってしまう。

ターノック/Tahnok
赤いボロック。炎を操る。
コーワック/Kohrak
白いボロック。氷を操る。
ガーロック/Gahlok
青いボロック。水中を高速移動する。
レーバック/Lehvak
緑色のボロック。強力なハサミを持ち、そこから酸を発射する。
パーラック/Pahrak
茶色いボロック。怪力が武器で固有の能力は不明。
ヌーボック/Nuhvok
黒いボロック。同じく怪力が武器で固有の能力は不明。

ボロックカル/Bohrok-Kal[編集]

ボロックのエリート集団。こちらは一体づつしか存在しない。高い言語能力もあり、トーア達と会話をしたり挑発する事もあった。能力は同じ色のトーアと無関係な事が多い。

ターノックカル/Tahnok-Kal
電気を操る、ボロックカルのリーダー格。手の部分には炎を象った部分があるが、公式で炎に関する能力があると説明されたことはない。
コーワックカル/Kohrak-Kal
超音波を操るボロックカル。
ガーロックカル/Gahlok-Kal
磁力を操るボロックカル。
レーバックカル/Lehvak-Kal
空気を操るボロックカル。媒体によっては「バキューム波」という技を使っていた事もあるがどのような技かは不明[1]
パーラックカル/Pahrak-Kal
プラズマを操るボロックカル。
ヌーボックカル/Nuhvok-Kal
重力を操るボロックカル。

ボロクーバ/Bohrok Va[編集]

タノクーバ/Tahnok Va
コワクーバ/Kohrak Va
ガロクーバ/Gahlok Va
レバクーバ/Lehvak Va
パラクーバ/Pahrak Va
ヌボクーバ/Nuhvok Va

ラクシ/Rahkshi[編集]

テリダックスがマタ・ヌイ島に送り込んだ刺客。

レラーク/Lerahk
グラーク/Gurahk
パンラーク/Panrahk
タラーク/Turahk
カラーク/Kurahk
ボラーク/Vorahk
イエローアーマーラクシ(仮称)
『BIONICLE STARS』に登場。体色は黄色。
両目から強力な熱線を放つことができ、グラークの物と同じ形状のパワースティックを持つ。

ダークハンター[編集]

ニディーキ/Nidhiki
テリダックスに仕えるダークハンター。かつてはリカーンと共にメトロ・ヌイを護るトーアだった。頭の切れる戦略家であり、卑劣な罠で敵を陥れる。
両腕に大バサミを持ち、口から吐くエネルギーウェブによって相手の動きを封じる。また、4本の脚をたたんで飛行形態に変形することも可能。
クレッカ/Krekka
ニディーキの相棒。知能は低いが力は強く、ニディーキの命令通りに動けば凄まじい脅威となる。
巨躯から生み出される怪力と、右肩付近から展開するシューターを武器とする。ニディーキ同様、脚をたたんで飛行形態に変形することも可能。

ピラカ/Piraka[編集]

生命のグレートカノイ「イグニカ」を狙う、ダークハンターの一団。

ザクタン/Zaktan
“ならず者”の異名を持つ、ピラカ一味のリーダー。体色は緑。
ハカーン/Hakann
“荒くれ者”の異名を持つピラカ。体色は赤。
ヴェゾック/Vezok
“けだもの”の異名を持つピラカ。体色は青。
アヴァック/Avak
“つわもの”の異名を持つピラカ。体色は茶色。
レイダック/Reidak
“曲者”の異名を持つピラカ。体色は黒。
トック/Thok
“流れ者”の異名を持つピラカ。体色は白。
ヴェゾン/Vezon
第七のピラカ。体色は黒。
巨大化したフェンラックを使役している。

バラッキ/Barraki[編集]

ヴォヤ・ヌイの海底深くに生息する邪悪な海棲生物。

タカドックス/Takadox
普段は小さな洞窟に身を潜め、近づいた獲物を長い腕の鋭利なナイフでなで斬りにする。
カルマー/Kalmah
左手の吸盤を持った長い触手を自在に操り、捕縛した獲物を押し潰す。
カラパー/Carapar
全身が厚い甲羅に覆われており、電撃以外の攻撃にはビクともしない。
マンタックス/Mantax
海底を這って獲物に忍び寄り、強力な牙で背後から瞬時に襲い掛かる。
エーレック/Ehlek
背部に備えた無数の棘から瞬間的に電気を発し、獲物を一瞬にして麻痺させる。
プライダック/Pridak
気が短く残酷であり、鎧をも切り裂く剃刀のような歯を武器とする。素早い動きと驚異的な泳力を誇り、無防備な獲物を頭上から静かに襲い掛かる。

その他のヴィラン[編集]

シドラック/Sidorak
ヴィソラックの群れを統率する支配者。
左腕に装備されたハーディングブレードが武器で、剣先からエネルギービームを放つこともできる。
ルーダカに想いを寄せ、結ばれる事を夢見ていた。しかし、最期はルーダカに裏切られキートングに殺されてしまい、結局は彼女に利用されただけであった。
ルーダカ/Roodaka
ヴィソラックの群れを率いる副官。ヴォーテックス族の女性で、キサ島の出身。
武器のローツカ・スピナーは触れたものを永遠に怪物にしてしまう効果を持ち、ニディーキやトーア・ハガーはこれによって姿を変えられた。
自身の地位を快く思っておらず、シドラックを蹴落として自分が司令官になるという野心を抱いており、トーア・ホーディカとラハガとの戦いの最中、シドラックをキートングに殺害させている。
その後長い年月が過ぎ、テリダックスを助けたルーダカは既にブラザーフッド・オブ・マクータと対立していたダークハンター達に狙われる事になる。
何とか故郷に帰って来たがタートラックによってキサ島は荒らされており、彼女もあわや殺されそうになるが、タートラックを追ってキサ島に来ていたトーア・ヌーヴァに救われる。その後、彼女はブラザーフッド・オブ・マクータやダークハンターと完全に決別し、かつて自らの手で姿を変えたラハガを元のトーア・ハガーの姿に戻し、タフー達と本当の意味での仲間となった。

その他[編集]

ヒドラクソン/Hydraxon
イグニカが自らを守らせるため、ポーマトランのデカールを変化させた姿。トーアを超える巨体を誇り、左手首に備えた3枚のナイフやコルダックブラスター、ブーメランを武器とする。

脚注[編集]

  1. ^ 描写からおそらく空気砲のような技だと思われる。