バイオチップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

バイオチップ(Biochip)とはDNA、たんぱく質、糖鎖を基板上に多数固定した素子。

概要[編集]

細胞を基板上に培養して生理学的な活性を再現、合成するタイプや酵素を基板上に固定して生理学的な機能を分析するタイプのように複数の種類がある[1]。またセンシングデバイスとしては糖尿病患者の体内に埋め込んで血糖値を随時計測してインスリンを放出するような用途にも開発が進められつつある。

センシングデバイスとしてのバイオチップ

DNA、蛋白質、糖鎖等の生体分子あるいは細胞等が基板上に固定されていてマイクロ流路に対象となる試料が流れると成分を分析する[1][2]。動物実験の代替が期待される。

反応、合成装置としてのバイオチップ

酵素や細胞等が基板上に固定されていてそれにより合成する。特定の条件下でしか生息できないような腸内細菌のような微生物をチップ状で培養して有用な物質を合成するようなことが想定される。

用途[編集]

  • 分析、診断
  • 有用な化学物質の合成

出典[編集]

  1. ^ a b 半導体/MEMSが起こす医療革命” (2011年3月16日). 2020年9月9日閲覧。
  2. ^ バイオチップの実用化と情報技術への期待”. 2020年9月9日閲覧。

関連書籍[編集]

関連項目[編集]