大亜湾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
バイアス湾から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
大亜湾(Daya Bay)の周辺地図。

大亜湾(だやわん)は、中国南部広東省に位置する南シナ海に面したである。香港から見て東方に位置し、香港東部の大鵬湾英語版とは大鵬半島英語版で隔てられている。旧称はバイアス湾(Bias Bay)。

大亜湾原子力発電所(2基)および嶺澳原子力発電所(2基)の計4基の原子炉が並び、大亜湾ニュートリノ研究英語版の実験施設が建設されている場所でもある。

かつては、現在では絶滅危惧のコククジラが回遊していたとされる。

歴史[編集]

1920年代には、大亜湾は海賊の根拠地となっていた。これは当時の中国が軍閥が割拠する状態だったうえ、広東付近を統治していた国民政府が、1926年から北伐を開始してその戦力の多くを北上させたために生じた事態であった[1]

日中戦争中の1938年10月には、広東作戦を開始した日本陸軍の第21軍が、大亜湾への上陸作戦を行った(バイアス湾上陸作戦)。

脚注[編集]

  1. ^ “Ship Sink Off Waglan.”, The Hongkong Telegraph, 1929-01-16

外部リンク[編集]

座標: 北緯22度35分43秒 東経114度32分35秒 / 北緯22.5953度 東経114.5431度 / 22.5953; 114.5431