ハーラル3世 (デンマーク王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ハーラル3世
Harald 3.
デンマーク
Harald 3. Hen.jpg
ハーラル3世(アルベルト・ヘルヴィー画、1650年)
在位 1076年 - 1080年

出生 1041年
死去 1080年4月17日(1080-04-17)(38–39歳)
埋葬 デンマーク、ダルビー、ダルビー教会
配偶者 マルグレーテ・ハスビョルンスダッター英語版
王朝 エストリズセン朝
父親 スヴェン2世
宗教 キリスト教カトリック教会
テンプレートを表示

ハーラル3世デンマーク語: Harald 3., 1041年 - 1080年4月17日)は、デンマーク(在位:1076年 - 1080年[1]雌鳥王(ヘン[2]デンマーク語: Hen)の名でも知られる[3]

生涯[編集]

スヴェン2世英語版の庶子。1069年、父王のイングランド遠征に叔父のアスビョルンデンマーク語版、弟のクヌーズ英語版と共に従軍した。

1076年に父王が死去する[4]と、オシェーレト英語版近郊のイショールドイツ語版における集会で弟のクヌーズを抑えて王に選出された。この集会でハーラルは既存法に拠った統治を宣言した(ハーラルの法)。その治世はクヌーズをはじめとした多くの兄弟の反対に遭ったが、教皇グレゴリウス7世の仲介により、兄弟と力を合わせるように助言され、その支持を得た。

ハーラル3世は集会で自身を支持した貴族の意に沿う統治を行った。大規模な戦争を行わず貨幣改革に意を注ぎ、リーベヴィボールンドスリースウィーに造幣局を設立した。さらに王室林英語版の公共利用を始めた。デンマークの法慣習の変更にも取り組み、それまでの決闘裁判試練裁判に代わって、裁判で特定数の栄誉ある男性が証人として当事者に代わって被告の無実を宣誓するように呼びかけるイングランドの制度を導入した。父王の方針を引き継いで、デンマークにも大司教区を置くよう教皇に求めたとされるが、果たせなかった。

1080年4月17日に死去し、スコーネダルビー教会英語版に埋葬された。その死因についてはブルガダ症候群の可能性が示唆されている[5]。子がなかったため、王位は弟のクヌーズが継承した(クヌーズ4世)[6][7]

出典[編集]

  1. ^ モービー 2014, p. 249
  2. ^ モービー 2001, p. 97
  3. ^ 小澤 2007, p. 14
  4. ^ ヘイウッド 2017, p. 188
  5. ^ Retsmediciner: Svend Tveskæg gav dødelig sygdom videre til en række danske konger” (デンマーク語). videnskab.dk (2015年9月27日). 2019年11月11日閲覧。
  6. ^ ヘイウッド 2017, p. 134
  7. ^ 下津 1987, p. 374

参考資料[編集]

  • ジョン・ヘイウッド『図説 ヴァイキング時代百科事典』伊藤盡監訳、村田綾子訳、柊風舎、2017年4月25日。ISBN 978-4-86498-042-5
  • ジョン・E・モービー『和英・英和 世界歴代統治者名辞典―紀元前3000~現代』堀田郷弘訳、東洋書林、2001年10月15日。ISBN 978-4887215658
  • ジョン・E・モービー『世界歴代王朝・王名ハンドブック』堀田郷弘訳、柊風舎、2014年5月15日。ISBN 978-4864980135
  • 『世界帝王系図集 増補版』下津清太郎編、近藤出版社、1987年10月1日。ISBN 978-4772504065
  • 小澤実「ルーン石碑から国王証書へ : 11・12世紀デンマークにおける土地所有確認の変容」『ピエール・トゥベール教授招聘事業報告書』、名古屋大学大学院文学研究科、2007年9月、 11-17頁。