ハード・プレイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハード・プレイ
White Men Can't Jump
監督 ロン・シェルトン
脚本 ロン・シェルトン
製作 ドン・ミラー
デイヴィッド・レスター
製作総指揮 マイケル・ラパポート
出演者 ウェズリー・スナイプス
ウディ・ハレルソン
ロージー・ペレズ
音楽 ベニー・ウォーレス
撮影 ラッセル・ボイド
編集 ポール・セイダー
配給 アメリカ合衆国の旗 20世紀フォックス
公開 アメリカ合衆国の旗 1992年5月27日
日本の旗 1993年3月20日
上映時間 115分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $90,753,806[1]
テンプレートを表示

ハード・プレイ( White Men Can't Jump)は、1992年に、アメリカで制作されたスポーツ・コメディ映画である。

あらすじ[編集]

かつて大学でバスケットボール選手として活躍していたビリー(ウディ・ハレルソン)は、白人だからという理由でバスケットボールで食べていくことをあきらめ、ギャンブラーとして恋人であるグロリアと共に生活していた。彼は、L.A.ヴェニス・ビーチで、黒人のバスケットボール選手・シドニー(ウィーズリー・スナイプス)をギャンブル・バスケで負かし、コンビを組まないかと持ちかけた。しかし、ビリーには1つの問題があった。“白人は跳べない”のである。


キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替   備考 
シドニー・ディーン  ウェズリー・スナイプス 山寺宏一 才能はあるが尊大な性格をしている黒人バスケットボール選手。

ギャンブル・バスケの稼ぎで一家を養っている。

ビリー・ホイル ウディ・ハレルソン 堀秀行 かつて大学でバスケットボール選手として活躍していた白人男。

腕はプロ並みで口の悪さも相当のもの。

グロリア・クレメンテ ロージー・ペレズ 潘恵子 ビリーの恋人。
ロンダ・ディーン ティラ・フェレル 弘中くみ子
ロバート シルク・コザート  谷口節
ジュニア カディーム・ハーディソン  真地勇志  
ジョージ  アーネスト・ハーデン・Jr. 島田敏
ウォルター ジョン・マーシャル・ジョーンズ 星野充昭
レイモンド マーカス・ジョンソン 戸谷公次
ダック・ジョンソン フリーマン・ウィリアムズ
エディ・“キング”・ファロー ルイス・プライス  
本人 アレックス・トレベック  池田勝

評価[編集]

『ハード・プレイ』は1,923の映画館で上映され、公開週末は14,711,124 ドルの収入を上げ、最終的には全米で76,253,806 ドル、全世界で90,753,806ドルの興行収入をえた[2][3]。これは、その年に公開された映画の中で16番目に高い興行収入だった。

この映画の評判は良く、2012年現在、 Rotten Tomatoesには28のレビューが投稿され、フレッシュメーターは、78% だった[4] 。 『シカゴ・サンタイムズ』のロジャー・イーバートは、「ただのバスケットボール映画ではない」とし、ロン・シェルトンがキャラクターに対して理解が深いことを評価したうえで、この映画の評価を3つ星半とした。 [5] 。 『ニューヨーク・タイムズ』のジャネット マスリン は、ウェズリー・スナイプスの演技を「こっけいながらも、活発な演技についての理解が深い」と評した[6]。 現在、この映画は映画監督スタンリー・キューブリックのお気に入りの映画の一つとされている[7]

脚注[編集]

外部[編集]