ハードエイト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ハードエイト
Hard Eight
監督 ポール・トーマス・アンダーソン
脚本 ポール・トーマス・アンダーソン
製作 ロバート・ジョーンズ
ジョン・ライオンズ
製作総指揮 フランソワ・デュプラ
キース・サンプルズ英語版
出演者 フィリップ・ベイカー・ホール
ジョン・C・ライリー
グウィネス・パルトロー
サミュエル・L・ジャクソン
音楽 ジョン・ブライオン
マイケル・ペン英語版
撮影 ロバート・エルスウィット
編集 バーバラ・テュライヴァー
製作会社 Rysher Entertainment
配給 アメリカ合衆国の旗 MGM
公開 フランスの旗 1996年5月CIFF
アメリカ合衆国の旗 1997年2月28日
上映時間 101分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $222,559[1]
テンプレートを表示

ハードエイト』(Hard Eight)は、1996年アメリカ合衆国サスペンス映画ポール・トーマス・アンダーソン監督のデビュー作である。第49回カンヌ国際映画祭ある視点部門で上映された。日本ではDVDスルーとなった。

ストーリー[編集]

ジョンは、ラスベガスのカジノで一文無しになりダイナーの外で座り込んでいた。そこへシドニーという老人が現れ、コーヒーを奢りながら彼に救いの手を差し伸べる。2年後、プロのギャンブラーに成長したジョンはリノ (ネバダ州)でシドニーと再会。この時、シドニーはジョンに恋人のウェイトレス、クレメンタインと友達のジミーを紹介されるが、ジミーはシドニーの過去の秘密を握っていた…。

※ハードエイト(Hard Eigth)は、クラップス(Craps)における「サイコロの4のゾロ目」の意味。

キャスト[編集]

評価[編集]

レビュー・アグリゲーターRotten Tomatoesでは48件のレビューで支持率は81%、平均点は6.90/10となった[2]Metacriticでは14件のレビューを基に加重平均値が78/100となった[3]

受賞・ノミネート[編集]

第13回インディペンデント・スピリット賞
  • ノミネート:主演男優賞 - フィリップ・ベイカー・ホール
  • ノミネート:助演男優賞 - サミュエル・L・ジャクソン
  • ノミネート:撮影賞 - ロバート・エルスウィット
  • ノミネート:新人作品賞 - ポール・トーマス・アンダーソン、ロバート・ジョーンズ、ジョン・ライオンズ
  • ノミネート:新人脚本賞 - ポール・トーマス・アンダーソン

出典[編集]

  1. ^ Hard Eight (1997)” (英語). Box Office Mojo. 2010年1月29日閲覧。
  2. ^ Hard Eight”. Rotten Tomatoes. Fandango Media. 2022年7月4日閲覧。
  3. ^ Hard Eight Reviews”. Metacritic. CBS Interactive. 2022年7月4日閲覧。

参考文献[編集]

  • アダム・ネイマン『ポール・トーマス・アンダーソン ザ・マスターワークス』井原慶一郎訳、2021年10月、DU BOOKS

関連項目[編集]

外部リンク[編集]